届出医療の活用と留意点 (2016年度版)

2016todokede届出医療の活用と留意点 -施設基準・人員基準等の手引-
(2016年度~2017年度版)

B5判 1336頁/発行:全国保険医団体連合会
会員価格:4,200円
定  価:6,000円

「届出医療」とは、施設基準や人員基準を満たした上で地方厚生局長に届出を行うことで算定できる点数のことです。通常の点数は、算定要件を守っていれば良いのですが、「届出医療」は、算定要件以外に施設基準や人員基準についての細かな要件を整えなければなりません。また、届出後も、これらの要件を日常的に整え続けることが必要です。

本書は、届出医療の内容把握と日常管理維持のための解説書として好評です。
注文は下記注文票でFAXにてお申込みください。

書籍注文票


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ