平成25年3月末の長野県の特養待機者数(資料)

県健康福祉部介護支援室が公表した資料によると、平成25年(2013年)3月末の在宅で特別養護老人ホームへの入所を希望する方(特養待機者数)は県全体で2035人で、昨年より315人減少した。要介護4、5の重度者の割合も41.2%と年々増加してきた待機者数及び重度者の割合はともに減少した。しかし、依然として待機者総数は高い水準であり、施設整備が急がれる。

過去5年の圏域別待機者推移、待機者総数、重度者数と重度者割合は下記のとおり。

在宅における特別養護老人ホーム入所希望者推移

(各年3月末 長野県資料より作成)

平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年
佐久 716 763 755 784 829
上小 916 882 945 1,091 933
諏訪 301 294 366 349 243
上伊那 220 270 287 268 247
飯伊 325 506 420 414 394
木曽 113 141 128 130 112
松本 1,023 1,018 1,008 1,007 858
大北 148 188 201 166 193
長野 947 976 1,001 1,007 1,013
北信 84 93 100 105 114
県全体 4,793 5,131 5,211 5,321 4,936
要介護4・5 1,996 2,189 2,261 2351 2,035
重度者割合(%) 41.6 42.7 43.4 44.2 41.2

特養待機者圏域別推移グラフ