すすめる会が全国市町村子ども医療費助成状況調査(2014/4/30)

福祉医療給付制度の改善をすすめる会では、厚生労働省発表の資料(2014 年4 月1日現在調査の乳幼児等医療費に対する援助の実施状況)と(株)社会保険出版社発行の「全国市町村医療費助成制度一覧」(2014 年4 月30 日現在調査)をもとに、全国の47 都道府県と1742 市町村の子ども医療費助成状況を調査した。

その結果、都道府県段階で、窓口無料である現物給付(併用含む)を実施している都府県は37、償還払い(自動給付含む)実施道県は10。市町村段階では全国8割の市町村で窓口無料(現物給付・併用含む)を実施してる。窓口無料の市町村がゼロである県は8県で岩手県、石川県、福井県、長野県、三重県、奈良県、鹿児島県、沖縄県であった。県段階では償還払いとしている北海道・埼玉県だが、両県とも9割前後の市町村が窓口無料制度にしている。

全国市町村子ども医療費助成状況調査(2014/4/30)

widget_lst_icon_mainすすめる会のホームページ記事