特養アンケート結果(入所者の状況と介護報酬改定の影響)

特別養護老人ホーム入所者の医療等に関する調査報告

~ 入所者の状況と介護報酬改定の影響 ~

本年4月の介護保険制度改正により特別養護老人ホームの入所者は原則要介護3以上と重症者の比率が増し、一方で介護報酬については特別養護老人ホームの施設サービス費は大きく引き下げられました。

当会では長野県内の特別養護老人ホームを対象にアンケート調査を行い、入所者の状態や介護報酬改定が施設に与えた影響等を調査しました。
調査結果からは、実際の入所者は要介護度4~5が7割以上である上、認知症や摂食嚥下障害など介護に手間のかかる入所者が多い一方で、4月の介護報酬改定の影響では改定前の3月と比べて改定後の4月の介護報酬は7割以上の施設で減少しています。施設のご意見とともに調査結果をまとめました。

特別養護老人ホームアンケート結果