長野県の特養待機者 入所制限の影響で数字上は大幅に減少

長野県健康福祉部介護支援課が特別養護老人ホームの待機者数(2016年3月末)の数字をまとめた。
長野県で特別養護老人ホーム入所希望をしながら在宅で待機している数は2,638人と前年度の4,457人から1819人減少したことになる。しかしその主な要因は昨年4月から特別養護老人ホームは原則として要介護3以上でないと入所できなくなったことから、要介護1、2の部分での減少幅が大きく、1,154人減少した。県では要介護1、2について特例入所希望者として集計しているが、その集計方法については今後確認したい。なお、要介護3から5の部分について前年度と比較すると665人の待機者の減少となった。
圏域別にみると長野圏域が690人で最も多く、松本528人、上小386人、佐久352人と続く。
ほとんどの圏域で待機者数が減っているが、唯一大北圏域が5人待機者が増えている。

圏域別待機者と前年度増減 (県資料を改編)

在宅の特別養護老人ホーム入所希望者 (県資料)


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ