子どもの福祉医療給付事業の実施状況(2017年4月)

子ども医療費 高校卒業まで助成の市町村が7割超える

長野県の資料によると、2017年(平成29年)4月1日現在の長野県下の子どもの福祉医療給付事業の実施状況では、市部でも高校卒業まで助成対象が広がりつつあります。

昨年4月と比較して対象が拡大したのは伊那市、駒ヶ根市、飯山市が入院については18歳到達後の3月31日までに拡大しました(外来は中卒まで)。また、小諸市、佐久市、信濃町、麻績村の4町村がこれまで中学卒までとしていた助成対象を18歳到達後の3月31日までとしました。

この結果、入院・外来ともに高校卒業まで助成するのは54市町村、入院のみ高校卒業まで助成するところが3市、中学卒までとする市町村が20となり、長野県内では7割を超える市町村が入院・外来ともに高校卒業まで対象としています。

子ども医療費助成マップ

18歳到達後3月31日まで
入院:
18歳到達後3月31日まで
外来:
中卒まで
中卒まで

障がい者等を含めた福祉医療全体の実施状況は下記のPDFファイルを参照。

長野県福祉医療費助成状況(2017年4月1日)