8月から7町村が完全窓口無料に! 18歳まで対象とする自治体は7割に

2018/01/12   -ニュース

本年8月から、これまで償還払い制度だった長野県の福祉医療について医療機関等の窓口で定額の負担金だけで医療サービスを受けられる「現物給付方式」が導入されます。 県の基準では現物給付方式の対象は中学卒まで …

子ども医療費助成制度の推移と患者の受診動向の分析(保団連)

2017/12/14   -ニュース

全国保険医団体連合会は12月6日に「子ども医療費助成制度の推移と患者の受診動向の分析」を発表し、ホームページにも公表した。 http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyo …

中卒まで現物給付化でも予算は縮小か(県予算要求)

2017/12/14   -ニュース

長野県では平成 30 年8月から中学校卒業までの子ども医療費の給付方式を現物給付方式に変更する。これに伴い、小学生以上の国民健康保険のペナルティ額の2分の1について県が新たに補助をすること、付加給付の …

原村福祉医療の完全無料化を継続

2017/12/14   -ニュース

12月13日の信濃毎日新聞によると、全県に先駆けて医療費の完全無料化を続ける諏訪郡原村が、一旦は受給者負担金を徴収するとして議会に提案していた条例改正案を議会最終日に撤回、議会でも全会一致で完全無料を …

小児医療費 助成拡大で入院減 慶応大准教授らが調査分析

2017/09/06   -ニュース

9月5日付けの毎日新聞に 小児医療費の助成拡大で入院減 慶大など調査 低所得地域、効果確認 の見出しで記事が掲載されました。 記事によるとこの調査は、慶応大大学院経営管理研究科の後藤励准教授らが行った …

31市町村が18歳年度末まで現物給付化の意向!(すすめる会調査)

2017/08/29   -ニュース

福祉医療給付の改善をすすめる会は子ども・障がい者等の福祉医療給付制度の意向調査を行い、県内77市町村のうち65(84%)の市町村から回答が得られた。(8月14日) 子ども医療費の現物給付の導入範囲を県 …

県下77市町村へ意向調査を開始!

2017/07/13   -ニュース

福祉医療給付の改善をすすめる会は、県下77市町村に対して子ども、障がい者等の福祉医療給付制度の充実を求める要望書を提出、あわせて制度拡充についての意向調査を依頼しました。要望書では、(1)子ども医療費 …

3万1962筆の県知事要請署名を提出し、健康福祉部長と懇談

2017/06/12   -ニュース
 ,

福祉医療給付の改善をすすめる会は6月6日、県健康福祉部長に対して県知事要請署名を手渡し、25分間懇談しました。 すすめる会からは原副会長(県推協)、高橋副会長(新婦人)、事務局長の原さん(県社保協)、 …

子ども医療費 高卒まで助成の市町村が7割超

2017/06/11   -ニュース, 資料

県の健康福祉政策課が4月1日現在の県内市町村の福祉医療費助成制度をまとめています。昨年4月と比較して対象が拡大したのは伊那市、駒ヶ根市、飯山市が入院については18歳到達後の3月31日までに拡大しました …

長和町長、高卒までの医療費完全無料化の方針を表明

2017/06/09   -ニュース

6月7日付の信濃毎日新聞(東信版)によると、長和町の羽田町長が議会答弁で2018年度中に高卒までの医療費の完全無料化の方針を表明した。 長野県では2018年8月をめどに中学卒業までの現物給付化をスター …

31,962筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu