ニュース

県知事への要請署名にご協力ください!

投稿日:2017年2月20日

本会では、子ども・障がい者等の医療費窓口完全無料化の一刻も早い実現を求めて県知事への要請署名を開始しました。また、要請署名に対する団体・個人の賛同、協力要請を行っています。

【県知事への請願事項】

  1. 子どもや障がい者等の福祉医療費給付制度は、現行の自動給付方式をやめ、一刻早く窓口完全無料にして下さい。
  2. 制度のあり方を検討する場をつくり、子どもの親や障がい者などの当事者を参加させて下さい。

20170223poster_mini私たちは、子どもをかかえる若い世帯、ひとり親世帯、障がい者やその家族などが、経済的な心配をしないで、安心して医療を受けられる機会が保障されるように、福祉医療給付制度の改善を願って活動してきました。

この間、県や市町村では子どもの医療においては、対象年齢の拡大がされてきており大変喜んでいます。しかし、私たちは、窓口無料を実施している都道府県が多くある中で、長野県でも、現行の自動給付方式ではなく、窓口無料(現物給付)の実施を願っています。

昨年末、阿部知事は、記者会見で「子ども医療費の現物給付化について、市町村と協議する」旨発言し、1月には県の検討委員会も発足しました。私たちは、県知事の発言を歓迎し、一刻も早く実現するよう県に緊急に申し出を行い、当事者の参加についても要請しました。

つきましては、一刻も早く当事者参加で、医療費の窓口完全無料化が実現するよう、県知事への要請署名に賛同・協力をお願いします。署名期間は、5月末までとしています。年度末で何かと忙しい時期ですが、何分よろしくお願いします。

署名用紙 ダウンロードしてご利用ください

署名裏チラシ

団体・個人での賛同・協力

趣旨に賛同、署名へのご協力をいただける個人、団体は下記のフォームからお申し込みください。

県知事要請署名への賛同

ご賛同・協力いただいた場合に、諸活動に関する分担金などの費用のご負担等をお願いするものではありません。

賛同
 趣旨に賛同する

*賛同者の個人名、団体名の公表にご承諾いただける場合には、下記中段の欄に必要事項記入して下さい。すすめる会のホームページやニュース等で紹介します

公表する団体名・氏名の表記

署名への協力
 署名に協力する

署名枚数

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 

 

-ニュース
-

関連記事

大町市議会が医療費窓口無料化の請願を採択

平成27年12月15日に大町市議会本会議で新婦人大町支部が請願した「子ども・障がい者等の医療費窓口無料化を求める意見書」(議事第16号)が原案可決で採択された。 これで、2014年2月議会から追求して …

すすめる会と保険医協会の候補者アンケートを分析

すすめる会ニュース15-7号を発行しました。県議選挙アンケート特集第3弾です。 窓口無料化問題が選挙戦での重大争点になってきました。 すすめる会の加盟団体である長野県保険医協会は、県会議員選挙立候補者 …

佐久地域で学習会と署名行動

佐久地域では4/26に学習会、署名宣伝行動を行いました。 先週土曜日26日午後佐久市で宣伝署名行動が実施されました。 宣伝行動の前1時間程学習会を行い、その後署名行動をしました。 7団体14名の参加で …

市町村議会に福祉医療制度が後退しないように陳情

すすめる会では、「福祉医療のあり方検討委員会」の提言をうけ、市町村議会に福祉医療制度が後退しないように陳情を行いました 2003年5月 市町村議会議長 殿 福祉医療給付制度の改善をすすめる会 会長 瀬 …

8月から7町村が完全窓口無料に! 18歳まで対象とする自治体は7割に

本年8月から、これまで償還払い制度だった長野県の福祉医療について医療機関等の窓口で定額の負担金だけで医療サービスを受けられる「現物給付方式」が導入されます。 県の基準では現物給付方式の対象は中学卒まで …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu