ニュース

県知事要請署名の集約は24日までにお願いします

投稿日:

県知事要請署名の集約は24日までにお願いします

2月から全県で取り組んできた署名は、6月の県議会前に県知事に届けます。県知事への署名は最終の集約段階となります。このため、県知事要請署名の集約は5月24日までにお願いします。
5/17現在、事務局に届いた署名9846筆でもうすぐ1万筆になります。また、賛同は団体・個人で85になりました。

すすめる会総会は5/28日に総会を開催します

総会では、来年8月から県が中学卒業まで窓口負担を現物給付にすると決めたことを受け、私たちの20数年来の運動の成果と前進を確認し合います。同時に、障がい者を含む一刻も早い完全無料化の実施、高校卒業までの対象拡大を市町村に求めるなど、今後の活動力点を確認する総会となります。総会を大きく成功させ、確信をもって運動をすすめる節目の場にしていきましょう。

総会・記念行事

すすめる会ニュース17-11号

-ニュース

関連記事

県小児科医会が「子ども医療費窓口無料化を求める要望書」を提出

6月11日に長野県下の小児科医師でつくる長野県小児科医会(高島俊夫会長)が「子どもの医療費窓口無料化を求める要望書」を阿部知事、小林健康福祉部長、西沢県議会議長、関県医師会長にそれぞれ提出しました。要 …

ホームページをリニューアルしました

ホームページのデザインをリニューアルしてスマートフォン対応としました。表示等でお気づきの点があればお問い合わせフォームからメッセージをいただければ幸いです。

福祉医療の窓口無料化実現は、県民世論と運動がカギ

福祉医療の窓口無料化実現は、県民世論と運動がカギ ~私たちの基本的立場と当面する要求と行動計画 1月のすすめる会役員会では、県知事発言に対する我々の基本的 立場を確認し、「当面する要求項目」と「要求実 …

村井知事あてに子ども・障がい者等の医療費窓口無料化を求める署名を開始

「福祉医療制度の改善をすすめる会」では、8月の知事選に向けて現行の自動給付方式ではなく、窓口で無料となる制度の確立をめざして患者署名を開始することとしました。 2010年  月  日 長野県知事 村井 …

小児科医療の現場から窓口無料の意味について講演(総会)

小児科医療の現場から窓口無料の意味について講演(総会) 長野中央病院副院長で小児科医の番場誉氏を講師に「小児科医療の現場における窓口無料の意味」と題して記念講演が行われた。講演では、特に子どもの場合、 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu