ニュース

新たな情勢のもと、すすめる会総会を開催

投稿日:

5月28日(日)福祉医療給付の改善をすすめる会の年次総会が開かれ加盟団体などから40名の方が参加しました。総会では前半すすめる会の会長で健和会病院副院長・小児科医の和田浩医師から「貧困問題から窓口無料化を考える」と題して講演があり、後半、年次総会が開かれました.
2017年度の活動では医療費現物給付化が次年度8月実施という状況の下、(1)県当局に対し6月6日に署名を提出し、「受給者負担徴収の廃止」「障がい者への拡大」等を求める。(2)県下の市町村に対して、助成対象者、受給者負担等について県水準を上回る拡充を求める等の方針が提案されました。提案後、各団体からこの間の取り組みなどが報告され活動の交流が行われました。
議案はすべて拍手で承認され、新年度の活動方針、決算・予算、新役員体制が確認されました。
5年間事務局長を務めた湯浅健夫さんが退任し、新しく原健さんが事務局長に就任しました。

20170530ニュース17-12号

-ニュース

関連記事

乳幼児・障害者の医療費の窓口無料化どうしても! 県民集会

2002年6月16日に行われた乳幼児・障害者の医療費の窓口無料化どうしても! 県民集会の記録をまとめた。 日時:2002年6月16日(日)午後1:30?3:30 場所:長野市社会福祉総合センター 参加 …

浅科村で福祉医療給付制度の改善をすすめる学習会開催

県知事選挙を間近に控えた10月11日に、浅科村公民館に身体障害者や難病患者とともに、北佐久・佐久の市町村議員等が集まり、福祉医療給付制度の改善をすすめる学習会を行った。これは佐久地区世話人の望月さんが …

すすめる会ニュース15-3号を発行

すすめる会ニュース15-3号では、本日の県議会請願を中心にお届けしています。 すすめる会ニュース15-3号

県議会請願署名は2月18日(水)提出予定 切実な声も届けられています

すすめる会のニュース15-2号を発行しました。 県議会への署名活動も終盤を迎えていますが、切実な声も届いています。 県議会請願署名は2月18日(水)の県会開会日提出予定です。 署名最終集約2月12日( …

未就学児までの医療費助成のペナルティ廃止を決定(厚生労働省方針)

年末までに結論を得るとされていた健康保険の減額調整措置(いわゆる「ペナルティ」)の見直しについて、 厚生労働省は2018年(平成30年)4月1日より、未就学児までの医療費助成については減額対象としない …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu