ニュース

新たな情勢のもと、すすめる会総会を開催

投稿日:

5月28日(日)福祉医療給付の改善をすすめる会の年次総会が開かれ加盟団体などから40名の方が参加しました。総会では前半すすめる会の会長で健和会病院副院長・小児科医の和田浩医師から「貧困問題から窓口無料化を考える」と題して講演があり、後半、年次総会が開かれました.
2017年度の活動では医療費現物給付化が次年度8月実施という状況の下、(1)県当局に対し6月6日に署名を提出し、「受給者負担徴収の廃止」「障がい者への拡大」等を求める。(2)県下の市町村に対して、助成対象者、受給者負担等について県水準を上回る拡充を求める等の方針が提案されました。提案後、各団体からこの間の取り組みなどが報告され活動の交流が行われました。
議案はすべて拍手で承認され、新年度の活動方針、決算・予算、新役員体制が確認されました。
5年間事務局長を務めた湯浅健夫さんが退任し、新しく原健さんが事務局長に就任しました。

20170530ニュース17-12号

-ニュース

関連記事

県小児科医会が「子ども医療費窓口無料化を求める要望書」を提出

6月11日に長野県下の小児科医師でつくる長野県小児科医会(高島俊夫会長)が「子どもの医療費窓口無料化を求める要望書」を阿部知事、小林健康福祉部長、西沢県議会議長、関県医師会長にそれぞれ提出しました。要 …

町村会に福祉医療改善に関する要望

すすめる会は長野県町村会に障害者や乳幼児が安心して医療が受けられる「福祉医療給付制度」の改善に要望書を提出した。 2001年10月5日 長野県町村会 会長 唐沢彦三殿 福祉医療給付制度の改善をすすめる …

石川県は来年度予算に子ども医療費の現物給付化の費用を計上

知事の決断で石川県では来年度から子ども医療費の現物給付化がスタートします。 昨年9月の石川県議会で谷本知事が、子ども医療費について、現在の「償還払い方式」を「現物給付方式」に変更することを表明しました …

佐久市が来年度から子ども医療費助成を満18歳まで拡大

佐久市が発表した平成29年度当初予算 (案)では、子ども福祉医療費給付金事業を前年度当初予算比較で3560万円増額され、支給対象が満18歳に達する年度内まで拡大されることになりました。 まち・ひと・し …

窓口無料化願っています 署名協力者からメッセージ届く

署名にご協力をいただいた女性からメッセージをいただきましたので紹介します。長野県の福祉医療給付制度は明らかに遅れています。こうした母親の「声」を「形」にできるかどうか、我々に問われています。最後の奮闘 …

31,962筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu