ニュース

新たな情勢のもと、すすめる会総会を開催

投稿日:

5月28日(日)福祉医療給付の改善をすすめる会の年次総会が開かれ加盟団体などから40名の方が参加しました。総会では前半すすめる会の会長で健和会病院副院長・小児科医の和田浩医師から「貧困問題から窓口無料化を考える」と題して講演があり、後半、年次総会が開かれました.
2017年度の活動では医療費現物給付化が次年度8月実施という状況の下、(1)県当局に対し6月6日に署名を提出し、「受給者負担徴収の廃止」「障がい者への拡大」等を求める。(2)県下の市町村に対して、助成対象者、受給者負担等について県水準を上回る拡充を求める等の方針が提案されました。提案後、各団体からこの間の取り組みなどが報告され活動の交流が行われました。
議案はすべて拍手で承認され、新年度の活動方針、決算・予算、新役員体制が確認されました。
5年間事務局長を務めた湯浅健夫さんが退任し、新しく原健さんが事務局長に就任しました。

20170530ニュース17-12号

-ニュース

関連記事

医療費助成の補助金減額 対象年齢を限定して一部廃止(厚労省方針)

3月17日付の信濃毎日新聞ほか朝刊各紙で厚生労働省が子ども医療費助成への国保補助金の減額措置について対象年齢を限定して一部廃止方針を固めたとの報道がされています。 これらは共同通信配信記事で、厚生労働 …

中卒まで現物給付化でも予算は縮小か(県予算要求)

長野県では平成 30 年8月から中学校卒業までの子ども医療費の給付方式を現物給付方式に変更する。これに伴い、小学生以上の国民健康保険のペナルティ額の2分の1について県が新たに補助をすること、付加給付の …

すすめる会ニュース15-3号を発行

すすめる会ニュース15-3号では、本日の県議会請願を中心にお届けしています。 すすめる会ニュース15-3号

村井知事あてに子ども・障がい者等の医療費窓口無料化を求める署名を開始

「福祉医療制度の改善をすすめる会」では、8月の知事選に向けて現行の自動給付方式ではなく、窓口で無料となる制度の確立をめざして患者署名を開始することとしました。 2010年  月  日 長野県知事 村井 …

福祉医療の市町村別実施状況(2015年4月)

長野県の健康福祉政策課医療福祉係が、平成27年4月1日現在の福祉医療の市町村実施状況をまとめた。 市町村別福祉医療実施状況 2015年4月 乳幼児等医療費給付事業については、入院は坂城町、長野市が中学 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu