ニュース

市長会が県知事に子どもの福祉医療費助成の対象範囲拡大を要望

投稿日:

長野県の市長会は5月31日に、乳幼児等の福祉医療費給付事業の対象範囲について現在は通院を小学校就学前までとしている県の補助対象範囲の拡大を求め、県知事に要望するとともに、県議会に対して陳情を行っています。

現在長野県では全市町村が最低でも中学卒業までは通院医療費についての助成を行っていますが、長野県の補助の対象範囲は11年間据え置かれているとして範囲の拡大を求めたもの。

福祉医療費給付事業は助成した医療について市町村と県が半額負担することになっていますが、現在小学1年~中学卒業までの通院医療費については対象ではないため現在市町村が全額を負担しています。

なお、長野県では来年8月より入院・通院ともに中学卒業までの医療費について現物給付化とする方針を打ち出し、国からのペナルティなどの市町村負担増について半額を補助することを表明しています。しかし、この通院の対象範囲の拡大については言及していません。

詳細は下記の市長会のホームページを参照

http://www.cheering-nagano.jp/mayors/mayor_general_meeting_youbou20170531.html

 

-ニュース

関連記事

県知事要請署名の集約は24日までにお願いします

県知事要請署名の集約は24日までにお願いします 2月から全県で取り組んできた署名は、6月の県議会前に県知事に届けます。県知事への署名は最終の集約段階となります。このため、県知事要請署名の集約は5月24 …

飯田市・健和会病院健康まつりで署名行動

子ども・障がい者の医療費窓口無料化を求める県知事への要望署名が各団体に下され、署名行動が開始されました。9月15日開催された飯田市の健和会病院の健康まつりで署名コーナーが設置され、20人の方の協力があ …

4月県議会議員選挙候補者に福祉医療アンケートを実施

すすめる会では4月長野県議選挙 の立候補予定者81名に福祉医療に関する政策アンケートを行いました。 窓口無料化賛同者広がる 4月長野県議選挙?立候補予定者への政策アンケート回答結果概要 すすめる会では …

完全窓口無料化の県民運動を大きくしよう 当事者のつどいを開催

普段の生活だけでも大変なのに、医療費負担が追い打ち 3月26日、すすめる会主催の当事者のつどいが長野市内で開催され57名が参加した。 冒頭、和田浩会長は「子ども達の貧困の実態は深刻、受益者負担金のない …

県議会で「乳幼児医療費を無料とする制度の創設を求める意見書」が採択

県議会で7月6日「乳幼児医療費を無料とする制度の創設を求める意見書」が採択、12月県議会に続いて再度国に挙げられた。無料化自体は全国ネットワークの発足に見られるように、国での制度化を求める要求として高 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu