ニュース

31,962筆署名と当事者の声を県に届ける!

投稿日:2017年6月9日

6月6日、長野県庁にて福祉医療給付の改善をすすめる会は県の健康福祉部に対して窓口完全無料化を求める署名を提出しました。
署名の総数は31,962筆にのぼり、ハガキ署名に寄せられた400人余りの声をまとめた冊子とともに原副会長から山本健康福祉部部長に手渡しました。
当日の内容は今後のすすめる会ニュースで紹介します。

私たちの声

-ニュース

関連記事

小児科医療の現場から窓口無料の意味について講演(総会)

小児科医療の現場から窓口無料の意味について講演(総会) 長野中央病院副院長で小児科医の番場誉氏を講師に「小児科医療の現場における窓口無料の意味」と題して記念講演が行われた。講演では、特に子どもの場合、 …

福祉医療の自動給付方式への改定を前に県保険医協会が社会部に要請

保険医協会は7月からの福祉医療費自動給付方式等改定と高齢者高額医療費未申請問題について、7月16日に県要請を行なった。県は堀越社会部長、橋詰厚生課長らが対応、協会からは今井会長、河原田副会長と事務局3 …

信毎報道後も各地から賛同、署名協力の声

県民の願いは、一刻も早い完全無料化の実現 3月の信毎報道後、すすめる会には問い合わせとともに署名運動への賛同、署名用紙の追加注文が県下各地から届いています。4/10現在賛同団体82、各団体からの追加署 …

窓口無料化願っています 署名協力者からメッセージ届く

署名にご協力をいただいた女性からメッセージをいただきましたので紹介します。長野県の福祉医療給付制度は明らかに遅れています。こうした母親の「声」を「形」にできるかどうか、我々に問われています。最後の奮闘 …

村井知事あてに子ども・障がい者等の医療費窓口無料化を求める署名を開始

「福祉医療制度の改善をすすめる会」では、8月の知事選に向けて現行の自動給付方式ではなく、窓口で無料となる制度の確立をめざして患者署名を開始することとしました。 2010年  月  日 長野県知事 村井 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu