ニュース

長和町長、高卒までの医療費完全無料化の方針を表明

投稿日:

6月7日付の信濃毎日新聞(東信版)によると、長和町の羽田町長が議会答弁で2018年度中に高卒までの医療費の完全無料化の方針を表明した。

長野県では2018年8月をめどに中学卒業までの現物給付化をスタートする方向で準備をすすめているが、子供医療費については長野県の市町村の7割以上が高校卒業までを助成対象としている。このため、県基準の対象外となる高校生の医療費をどうするのか各市町村の対応が注目されていたが、長和町がいち早くその方針を打ち出した。今回の長和町の方針で筆すべき点は、現在1レセプトあたり300円(注1)としている受給者負担金も廃止するということで、私たちが求めてきた完全無料化が実現することとなる。

今後、他の市町村でも高卒までの完全無料化が広がることを期待したい。

(注1)県基準では受給者負担金は500円だが、一部市町村では独自に財政負担して300円としている市町村がある。長和町もそのひとつ。

-ニュース

関連記事

すすめる会ニュース14-16号を発行

前号のニュース(14-15号)でお知らせしました石川県知事の窓口無料化への英断表明に続き、岩手県でも窓口無料化に向かって新しい変化が起きています。 すすめる会ニュース14-16号

未就学児については現物給付化の方向で一致(第一回検討会)

本日、1月27日に第1回長野県福祉医療費給付事業検討会が開催された。 国が未就学児に限り国保の減額調整措置廃止の方針を打ち出したことにより、昨年末に健康福祉部長の議会答弁や阿部知事の記者会見で検討の意 …

232名の参加者が当事者の想いに共感!(県民シンポ)

貧困から子どもと障がい者を守る県民シンポジウム(10/6) 当事者、医療・教育関係者、議員、一般市民など232名の参加者が当事者の想いに共感! 10月6日(日)「貧困から子どもと障がい者を守る県民シン …

毎日新聞が知事選特集記事で「医療費窓口無料化」をとりあげる

毎日新聞の知事選特集に「こども医療費の窓口無料化」の記事が取り上げられています 2014/7/10付の毎日新聞長野版に知事選挙特集記事として「子どもの医療費窓口無料化」が取り上げられました。 自動給付 …

県議会委員会で小児医療の特徴と窓口無料化の必要性訴える

県議会委員会ですすめる会の役員も務める番場誉医師(小児科)が意見陳述を行った。発言を以下に紹介。 まずはじめに、日頃の子どもの健康医療分野における皆様のご尽力に心から感謝申し上げたい。数年前に導入され …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu