ニュース

長和町長、高卒までの医療費完全無料化の方針を表明

投稿日:

6月7日付の信濃毎日新聞(東信版)によると、長和町の羽田町長が議会答弁で2018年度中に高卒までの医療費の完全無料化の方針を表明した。

長野県では2018年8月をめどに中学卒業までの現物給付化をスタートする方向で準備をすすめているが、子供医療費については長野県の市町村の7割以上が高校卒業までを助成対象としている。このため、県基準の対象外となる高校生の医療費をどうするのか各市町村の対応が注目されていたが、長和町がいち早くその方針を打ち出した。今回の長和町の方針で筆すべき点は、現在1レセプトあたり300円(注1)としている受給者負担金も廃止するということで、私たちが求めてきた完全無料化が実現することとなる。

今後、他の市町村でも高卒までの完全無料化が広がることを期待したい。

(注1)県基準では受給者負担金は500円だが、一部市町村では独自に財政負担して300円としている市町村がある。長和町もそのひとつ。

-ニュース

関連記事

県議会請願署名は2月18日(水)提出予定 切実な声も届けられています

すすめる会のニュース15-2号を発行しました。 県議会への署名活動も終盤を迎えていますが、切実な声も届いています。 県議会請願署名は2月18日(水)の県会開会日提出予定です。 署名最終集約2月12日( …

31市町村が18歳年度末まで現物給付化の意向!(すすめる会調査)

福祉医療給付の改善をすすめる会は子ども・障がい者等の福祉医療給付制度の意向調査を行い、県内77市町村のうち65(84%)の市町村から回答が得られた。(8月14日) 子ども医療費の現物給付の導入範囲を県 …

福祉医療改善をすすめる会が総会10/18

福祉医療の県「7月改定」は大きな後退、受給現場で様々な声 保育所前で「自動給付方式」でなく「窓口無料」をとの訴えに、多くのお母さん方が賛同しています。「今年7月の県『改定』に1病院300円、薬局でも3 …

県知事への要請署名にご協力ください!

本会では、子ども・障がい者等の医療費窓口完全無料化の一刻も早い実現を求めて県知事への要請署名を開始しました。また、要請署名に対する団体・個人の賛同、協力要請を行っています。 【県知事への請願事項】 子 …

窓口無料化願っています 署名協力者からメッセージ届く

署名にご協力をいただいた女性からメッセージをいただきましたので紹介します。長野県の福祉医療給付制度は明らかに遅れています。こうした母親の「声」を「形」にできるかどうか、我々に問われています。最後の奮闘 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu