ニュース

長和町長、高卒までの医療費完全無料化の方針を表明

投稿日:

6月7日付の信濃毎日新聞(東信版)によると、長和町の羽田町長が議会答弁で2018年度中に高卒までの医療費の完全無料化の方針を表明した。

長野県では2018年8月をめどに中学卒業までの現物給付化をスタートする方向で準備をすすめているが、子供医療費については長野県の市町村の7割以上が高校卒業までを助成対象としている。このため、県基準の対象外となる高校生の医療費をどうするのか各市町村の対応が注目されていたが、長和町がいち早くその方針を打ち出した。今回の長和町の方針で筆すべき点は、現在1レセプトあたり300円(注1)としている受給者負担金も廃止するということで、私たちが求めてきた完全無料化が実現することとなる。

今後、他の市町村でも高卒までの完全無料化が広がることを期待したい。

(注1)県基準では受給者負担金は500円だが、一部市町村では独自に財政負担して300円としている市町村がある。長和町もそのひとつ。

-ニュース

関連記事

県知事への署名提出と懇談日程が決定! 署名7万めざし、最後の奮闘を!

県知事への署名提出日程が決定! 5月20日(火)14:30 から15 分間ですが、知事との懇談も行います。 署名数最低7万筆(有権者比4%)をめざし、最後の奮闘を! すすめる会ニュース14-9号

医師会等が窓口無料方式を求め請願 福井県議会全会一致で採択

福井県議会でも、福祉医療の窓口無料方式を求める請願が全会一致で採択されました! 長野県と同様に福祉医療の自動給付方式をとっている福井県ですが、2月県議会に自民党議員が紹介議員となり県医師会、県歯科医師 …

県民シンポ開催に向け実行委員会を開催

9月県民シンポ開催をめざし第1回実行委員会(3/21)開かる 3月21日(木)「子ども、障がい児・者の受療権・教育権の保障求める県民シンポ」(仮題)開催をめざす第1回実行委員会が開かれ、9月開催予定の …

2015年度は窓口無料化実現に向けた正念場の年 年次総会を開催

2015年度は、窓口無料化実現に向けた正念場の年。 この間の前向きな変化を確信に、旺盛な活動で窓口無料化実現の展望をつくろう。 すすめる会は、5月16日(土)午後 長野市の高校会館にて2015年度の総 …

田中知事が窓口無料化を表明

2月15日の長野県議会の一般質問で「福祉医療の窓口無料化」が取り上げられ、田中知事が「入院医療費での無料化など確実な一歩を進めていく。医療費の膨張を招かぬよう入院時食事代を徴収する方法で関係方面と検討 …

31,962筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu