ニュース 資料

子ども医療費 高卒まで助成の市町村が7割超

投稿日:

県の健康福祉政策課が4月1日現在の県内市町村の福祉医療費助成制度をまとめています。昨年4月と比較して対象が拡大したのは伊那市、駒ヶ根市、飯山市が入院については18歳到達後の3月31日までに拡大しました(外来は中卒まで)。また、小諸市、佐久市、信濃町、麻績村の4町村がこれまで中学卒までとしていた助成対象を18歳到達後の3月31日までとしました。

入院・外来ともに高校卒業まで助成する市町村が54、入院のみ高校卒業まで助成するところが3市、中学卒までとする市町村が20となり、長野県内では7割を超える市町村が入院・外来ともに高校卒業まで対象としています。

長野県福祉医療費助成状況(2017年4月1日

-ニュース, 資料

関連記事

阿部県知事が子どもの医療費無料化に前向き答弁

2月県議会で阿部県知事が子どもの医療費の無料化について前向きな答弁? 現在開会中の長野県議会で2月26日日本共産党石坂県議の代表質問「“国が実施すべきこと”として県は拒んできたが、全国37都府県が子ど …

福祉医療の自動給付方式への改定を前に県保険医協会が社会部に要請

保険医協会は7月からの福祉医療費自動給付方式等改定と高齢者高額医療費未申請問題について、7月16日に県要請を行なった。県は堀越社会部長、橋詰厚生課長らが対応、協会からは今井会長、河原田副会長と事務局3 …

健康福祉委員会で番場医師が意見陳述 残念ながら団体請願は継続審査に

6月県議会 団体請願を「継続審査」に!? 賛同団体393団体で請願(のち+5団体) 県議会健康福祉委員会で番場小児科医師(長野中央病院)意見陳述 すすめる会加盟の各団体が協力し合って、「医療費の窓口無 …

すすめる会ニュース14-16号を発行

前号のニュース(14-15号)でお知らせしました石川県知事の窓口無料化への英断表明に続き、岩手県でも窓口無料化に向かって新しい変化が起きています。 すすめる会ニュース14-16号

阿部県知事への要望署名提出と要請・懇談

福祉医療給付制度の改善を進める会と長野県平和・人権・環境労働組合会議では、3月29日に長野県内の子どもと障害者の医療費の福祉医療給付制度の窓口無料化を求め、阿部県知事と懇談を行った。 福祉医療給付制度 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu