ニュース 資料

子ども医療費 高卒まで助成の市町村が7割超

投稿日:

県の健康福祉政策課が4月1日現在の県内市町村の福祉医療費助成制度をまとめています。昨年4月と比較して対象が拡大したのは伊那市、駒ヶ根市、飯山市が入院については18歳到達後の3月31日までに拡大しました(外来は中卒まで)。また、小諸市、佐久市、信濃町、麻績村の4町村がこれまで中学卒までとしていた助成対象を18歳到達後の3月31日までとしました。

入院・外来ともに高校卒業まで助成する市町村が54、入院のみ高校卒業まで助成するところが3市、中学卒までとする市町村が20となり、長野県内では7割を超える市町村が入院・外来ともに高校卒業まで対象としています。

長野県福祉医療費助成状況(2017年4月1日

-ニュース, 資料

関連記事

子ども医療費助成の全国状況(2015年4月)

厚労省は6月3日付けで2015年4月1日現在の子ども医療費助成の全国状況を公表しました。この調査結果と社会保険出版社発行の「全国市町村医療費助成制度一覧」を参考に2015年4月段階の都道府県と市町村の …

福祉医療を現物給付化した場合の影響額

県が福祉医療を現物給付化した場合の影響額を試算しています。(平成12年度分試算) 福祉医療を現物給付化した場合の影響額(平成12年度分試算)

福井県 2018年度から子どもの医療費の現物給付化を決定

長野県と同様に子ども医療費について償還払い方式をとってきた福井県が現物給付化を決定した。 2月14日付の福井新聞によると、就学前については入院、通院ともに医療機関の窓口で完全無料、小学1年生から中学3 …

浅科村で福祉医療給付制度の改善をすすめる学習会開催

県知事選挙を間近に控えた10月11日に、浅科村公民館に身体障害者や難病患者とともに、北佐久・佐久の市町村議員等が集まり、福祉医療給付制度の改善をすすめる学習会を行った。これは佐久地区世話人の望月さんが …

6月市町村議会で窓口無料化を求める意見書採択ひろがる

すすめる会は、県社保協・加盟団体と協力して、6月市町村議会に対して窓口無料化を求め県へ意見書を上げるよう請願・陳情の活動を展開してきました。請願・陳情を提出した議会は、22 議会でした。 その結果、請 …

31,962筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu