ニュース

3万1962筆の県知事要請署名を提出し、健康福祉部長と懇談

投稿日:

福祉医療給付の改善をすすめる会は6月6日、県健康福祉部長に対して県知事要請署名を手渡し、25分間懇談しました。
すすめる会からは原副会長(県推協)、高橋副会長(新婦人)、事務局長の原さん(県社保協)、事務局次長の宮沢さん(保険医協会)、事務局次長の川北さん(民医連)。加盟団体から新婦人県本部会長の小池さん、森山さん、草場さん、松本社保協の湯浅さん、保険医協会の水野さんが出席しました。県からは健康福祉部部長の山本さん、健康福祉課長の清水さんが出席しました。
懇談では、県推協から「県の方針は前進として評価したい。しかし障がい者は今回の制度の対象になっていない。障がい者の生活は経済的にも厳しさが増しており、窓口無料化はこういう人々にとって間違いなく必要。500円の自己負担金は廃止すべき」と要望しました。新婦人からは「子どもが複数回病院にかかれば、時には1万円以上かかるときがある。母子家庭では仕事を休んで子どもを連れていくというのはとても大変。県民の要望が実現しつつあることはうれしいが一刻も早く現物給付を実施してほしい」と訴えました。事務局からは「県下では生活保護基準以下の子ども世帯が1割おり、自己負担金はこうした収入の少ない世帯を医療から一層遠ざけることになる」とあらためて500円の一部負担の廃止を要望しました。松本社保協からは「医療は社会保障であって無料が原則。家庭の経済的理由からの問題だけではない」などの訴えがありました。
県からは「受給と負担の公平から負担金を設けている。障がい者や困窮世帯の問題は福祉医療の枠を超えた広い視点からの検討が必要」と説明がありました。すすめる会は、ハガキ署名に寄せられた声の冊子『私たちの声を聞いてください』を手渡し、「県にはこの声を重く受け止めてほしい」と要請、今後も運動を進めていくことを伝えました。

20170619ニュース17-13号

-ニュース
-,

関連記事

232名の参加者が当事者の想いに共感!(県民シンポ)

貧困から子どもと障がい者を守る県民シンポジウム(10/6) 当事者、医療・教育関係者、議員、一般市民など232名の参加者が当事者の想いに共感! 10月6日(日)「貧困から子どもと障がい者を守る県民シン …

未就学児までの医療費助成のペナルティ廃止を決定(厚生労働省方針)

年末までに結論を得るとされていた健康保険の減額調整措置(いわゆる「ペナルティ」)の見直しについて、 厚生労働省は2018年(平成30年)4月1日より、未就学児までの医療費助成については減額対象としない …

4・19宣伝署名行動に県下8カ所111名が参加

署名運動期間最終盤にふさわしい取り組みを展開しようと4月19日県下一斉宣伝署名行動が県下8カ所で実施されました。当日の参加者は、のべ28団体111名、集まった署名数は643筆になりました。 長野市 長 …

中卒まで現物給付化でも予算は縮小か(県予算要求)

長野県では平成 30 年8月から中学校卒業までの子ども医療費の給付方式を現物給付方式に変更する。これに伴い、小学生以上の国民健康保険のペナルティ額の2分の1について県が新たに補助をすること、付加給付の …

2012/09/16 窓口無料を求め 県民シンポジウム

県保険医協会も構成団体になっている福祉医療給付制度の改善を進める会(会長・坂本隆久県障害者障害者運動推進協議会会長)が主催して9月16日、「子ども・障がい者の医療費窓口無料化」を求める県民シンポジウム …

31,962筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu