ニュース

県下77市町村へ意向調査を開始!

投稿日:

福祉医療給付の改善をすすめる会は、県下77市町村に対して子ども、障がい者等の福祉医療給付制度の充実を求める要望書を提出、あわせて制度拡充についての意向調査を依頼しました。要望書では、(1)子ども医療費の現物給付の対象年齢を中学卒業から高校卒業(18歳年度末)まで拡大すること。(2)現物給付の対象を障がい者等も対象とするよう制度の拡充を図ること。(3)受給者負担金(1レセプト500円まで)を廃止すること、以上3点を市町村長と担当部署に要望しました。
意向調査では、1.子ども医療費の現物給付をどこまで拡大する意向があるか、2.現物給付を子ども以外に障がい者など、どの範囲まで拡充する意向があるか、3.受給者負担金の廃止の意向があるかとの内容です。すでに、長和町、中川村では「高校卒業ま受給者負担なしの現物給付」を首長が表明しています。すすめる会は県下市町村の意向に注目し、今回の要望と意向調査の結果をもとに、秋の自治体キャラバンであらためて市町村に対し県水準を上回る制度の拡充を要望していく予定です。

すすめる会ニュース17-14号

-ニュース

関連記事

窓口無料化県民シンポに158名が参加

9月16日(日)「子ども・障がい者の医療費窓口無料化」を求める県民シンポジウムが松本勤労者福祉センター大会議室で開催されました。当日は三連休の中日、敬老会など諸行事が重なる中158名の県民・市民が参加 …

2015年度は窓口無料化実現に向けた正念場の年 年次総会を開催

2015年度は、窓口無料化実現に向けた正念場の年。 この間の前向きな変化を確信に、旺盛な活動で窓口無料化実現の展望をつくろう。 すすめる会は、5月16日(土)午後 長野市の高校会館にて2015年度の総 …

佐久平のイオン前で宣伝署名行動(佐久の会ニュース)

佐久平のイオン前で宣伝署名行動、220 筆の賛同を得る 快晴の4 月26 日の土曜日は、多くの親子連れや家族の皆さんがイオン佐久平店に買い物に訪れ、その前にある市民交流ひろばで子ども達が元気に駆け回っ …

飯田市が来年度より医療費助成の対象を高校生まで拡大

朝日新聞長野版9月30日によると、飯田市議会では9月29日本会議で飯田市福祉医療給付金条例をの改正案を可決、成立させた。この改正によって、今まで中学生までの医療費助成制度が、来年度から対象を高校生まで …

4.15全県一斉宣伝署名行動を成功させましょう!

窓口完全無料化を求める一斉宣伝行動 すすめる会では、5月末を期限とした子ども・障がい者等の医療費窓口完全無料化を求める県知事への要望署名活動のとりくみを強化するために、県下の地域社保協やすすめる会の加 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu