ニュース

県下77市町村へ意向調査を開始!

投稿日:

福祉医療給付の改善をすすめる会は、県下77市町村に対して子ども、障がい者等の福祉医療給付制度の充実を求める要望書を提出、あわせて制度拡充についての意向調査を依頼しました。要望書では、(1)子ども医療費の現物給付の対象年齢を中学卒業から高校卒業(18歳年度末)まで拡大すること。(2)現物給付の対象を障がい者等も対象とするよう制度の拡充を図ること。(3)受給者負担金(1レセプト500円まで)を廃止すること、以上3点を市町村長と担当部署に要望しました。
意向調査では、1.子ども医療費の現物給付をどこまで拡大する意向があるか、2.現物給付を子ども以外に障がい者など、どの範囲まで拡充する意向があるか、3.受給者負担金の廃止の意向があるかとの内容です。すでに、長和町、中川村では「高校卒業ま受給者負担なしの現物給付」を首長が表明しています。すすめる会は県下市町村の意向に注目し、今回の要望と意向調査の結果をもとに、秋の自治体キャラバンであらためて市町村に対し県水準を上回る制度の拡充を要望していく予定です。

すすめる会ニュース17-14号

-ニュース

関連記事

すすめる会総会を開催

5月17日に県障害者福祉センターサンアップルにおいて、福祉医療給付制度改善をすすめる会総会(以下、「すすめる会」)が開催されました。 和田会長(小児科医)は冒頭に、署名活動の反響が大きく共感を呼んでお …

「福祉医療の検証委員会」の設置を求めるなど5項目を陳情

すすめる会では市町村議会に県に対して「福祉医療の検証委員会」の設置を求めるなど5項目の陳情を行いました。 2004年6月 市町村議会議長 殿 福祉医療給付制度の改善をすすめる会 会長 田中 嘉典 長野 …

すすめる会 県健康福祉政策課に緊急要望書提出・懇談

福祉医療費を一刻も早く、窓口完全無料に! 検討する場に当事者の参加保障を! 「今回の制度見直しは、国の制度変更に対応するもので、子ども医療費の現物給付の範囲等を市町村と協議する」(課長)、阿部知事の年 …

県議会開会日に各会派に団体請願

6月県議会は6月21日(木)に開会、開会日に団体請願を行いました。 県議会会派を回って、訴えるすすめる会のメンバーたち

ペナルティ見直しは未就学児までを対象に2案 医療保険部会

本日11月30日に開催された、第101回社会保障審議会医療保険部会で子ども医療費助成に係る国保の減額調整措置の見直しに関して下記の方向性が示されました。 子ども医療費助成に係る国保の減額調整措置の見直 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu