ニュース

県下77市町村へ意向調査を開始!

投稿日:

福祉医療給付の改善をすすめる会は、県下77市町村に対して子ども、障がい者等の福祉医療給付制度の充実を求める要望書を提出、あわせて制度拡充についての意向調査を依頼しました。要望書では、(1)子ども医療費の現物給付の対象年齢を中学卒業から高校卒業(18歳年度末)まで拡大すること。(2)現物給付の対象を障がい者等も対象とするよう制度の拡充を図ること。(3)受給者負担金(1レセプト500円まで)を廃止すること、以上3点を市町村長と担当部署に要望しました。
意向調査では、1.子ども医療費の現物給付をどこまで拡大する意向があるか、2.現物給付を子ども以外に障がい者など、どの範囲まで拡充する意向があるか、3.受給者負担金の廃止の意向があるかとの内容です。すでに、長和町、中川村では「高校卒業ま受給者負担なしの現物給付」を首長が表明しています。すすめる会は県下市町村の意向に注目し、今回の要望と意向調査の結果をもとに、秋の自治体キャラバンであらためて市町村に対し県水準を上回る制度の拡充を要望していく予定です。

すすめる会ニュース17-14号

-ニュース

関連記事

市長会が県知事に子どもの福祉医療費助成の対象範囲拡大を要望

長野県の市長会は5月31日に、乳幼児等の福祉医療費給付事業の対象範囲について現在は通院を小学校就学前までとしている県の補助対象範囲の拡大を求め、県知事に要望するとともに、県議会に対して陳情を行っていま …

乳幼児医療など、福祉医療の窓口無料化への要望

6/14の記者会見資料より、鈴木直美医師(小児科)の「乳幼児医療など、福祉医療の窓口無料化への要望」を紹介します。 乳幼児医療など、福祉医療の窓口無料化への要望 2012 年 6 月 14 日 松本協 …

4.15 県下一斉宣伝 実施計画地域

4月5日には県下一斉宣伝が各地で計画されています。短時間でも大勢で宣伝することが関心を高め、わたしたちのアピールがより多くの人々に届きます。にぎやかに楽しく宣伝しましょう。そのさい受益者負担金(500 …

22700の署名と1000人の声を携えて県議会請願行動

県議会請願署名は22700筆となり、本日県議会への請願のための各会派に紹介議員のお願いに回りました。 本日2月県議会が開会しました。すすめる会では、これまで集まった署名をもって、県議会請願のための各会 …

毎日新聞が知事選特集記事で「医療費窓口無料化」をとりあげる

毎日新聞の知事選特集に「こども医療費の窓口無料化」の記事が取り上げられています 2014/7/10付の毎日新聞長野版に知事選挙特集記事として「子どもの医療費窓口無料化」が取り上げられました。 自動給付 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu