ニュース

県下77市町村へ意向調査を開始!

投稿日:

福祉医療給付の改善をすすめる会は、県下77市町村に対して子ども、障がい者等の福祉医療給付制度の充実を求める要望書を提出、あわせて制度拡充についての意向調査を依頼しました。要望書では、(1)子ども医療費の現物給付の対象年齢を中学卒業から高校卒業(18歳年度末)まで拡大すること。(2)現物給付の対象を障がい者等も対象とするよう制度の拡充を図ること。(3)受給者負担金(1レセプト500円まで)を廃止すること、以上3点を市町村長と担当部署に要望しました。
意向調査では、1.子ども医療費の現物給付をどこまで拡大する意向があるか、2.現物給付を子ども以外に障がい者など、どの範囲まで拡充する意向があるか、3.受給者負担金の廃止の意向があるかとの内容です。すでに、長和町、中川村では「高校卒業ま受給者負担なしの現物給付」を首長が表明しています。すすめる会は県下市町村の意向に注目し、今回の要望と意向調査の結果をもとに、秋の自治体キャラバンであらためて市町村に対し県水準を上回る制度の拡充を要望していく予定です。

すすめる会ニュース17-14号

-ニュース

関連記事

支払った医療費 戻ってきたのは半額以下!

すめる会のニュース15-2号を発行しました。 新婦人飯田支部の協力で実際のお宅の子ども医療費の状況を紹介します。 先日開催された「すすめる会」役員会で、新婦人の高橋さんから新婦人飯田支部の機関紙「よも …

最終盤にふさわしい奮闘を! 会長メッセージ

子ども・障がい者の医療費窓口無料化を求める要望署名運動 最終盤にふさわしい奮闘を ?奮闘のお願いと最終署名集約の連絡 連日の奮闘ご苦労様です。 昨年10月から開始してきました「子ども・障がい者の医療費 …

小児科医療の現場から窓口無料の意味について講演(総会)

小児科医療の現場から窓口無料の意味について講演(総会) 長野中央病院副院長で小児科医の番場誉氏を講師に「小児科医療の現場における窓口無料の意味」と題して記念講演が行われた。講演では、特に子どもの場合、 …

no image

福祉医療給付制度の改善を進める会再開総会開く

福祉医療の窓口無料化を求めている「進める会」は、5月23日に6年ぶりに再開総会を長野市の障害者福祉センターで開催しました。 10月から福祉医療の負担金が500円(1レセプト当たり)に引き上げられること …

すすめる会ニュース14-14号を発行 賛同募金は目標達成

すすめる会ニュース14-14号を発行しました。 おかげさまで新聞意見広告賛同募金は目標の200万円は超過しました。この間のご協力に感謝します。 6月県議会論戦での県知事答弁には、がっかりしました。以下 …

31,962筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu