ニュース

31市町村が18歳年度末まで現物給付化の意向!(すすめる会調査)

投稿日:

福祉医療給付の改善をすすめる会は子ども・障がい者等の福祉医療給付制度の意向調査を行い、県内77市町村のうち65(84%)の市町村から回答が得られた。(8月14日)
子ども医療費の現物給付の導入範囲を県水準(中卒)より拡充し、18才年度末までとする自治体は31市町村でした。子ども以外の障がい者・ひとり親などへの拡充意向がある自治体は11市町村となっています。一方現物給付の範囲を現行通りか県水準に合わせるとした自治体が26市町村。制度拡充を検討中、あるいは未定は8市町村。受給者負担金については負担金廃止を予定する自治体は5町村。負担金を現行より値上げ(300円から500円)が2町村あった。
また現在検討中と答えた自治体のなかには、近隣町村の様子を見ながら拡充を検討すると答えたところもあり今後の動向を注目したい。すすめる会では、県社保協や加盟団体と連携して秋の自治体キャラバンで自治体が制度の拡充に踏み出せるように懇談を行っていく予定。

すすめる会ニュース17-15号

-ニュース

関連記事

すすめる会ニュース15-3号を発行

すすめる会ニュース15-3号では、本日の県議会請願を中心にお届けしています。 すすめる会ニュース15-3号

県保険医協会福祉医療改善などで健康福祉部へ要請

長野県保険医協会は、医療提供体制、市町村国保、介護保険制度、福祉医療給付制度、ワクチン接種緊急促進基金の5項目12点からなる阿部知事宛の「県民医療・福祉改善に関する要望」をまとめ、2月3日、県庁で桑島 …

6月県議会への請願署名提出について 記者会見案内

私たちは6月県議会にて議長宛に団体請願を行う予定です。つきましては、その内容について記者会見を行います。 私たちは、子どもをかかえる若い世帯、母子世帯、障がい者やその家族などが、経済的な心配をしないで …

県議会に請願書を提出、今後の委員会審議に注目

すすめる会では、24,290人の福祉医療の窓口無料化を求める請願署名を議会事務局に提出しました。 共産党県議団・石坂議員、無所属改革クラブ・永井議員の2会派と無所属の今井議員の3名に紹介議員になってい …

子ども医療費助成 伊那市と駒ヶ根市8月より、小諸市は10月より対象拡大

県健康福祉部福祉医療係がまとめた福祉医療費の県内市町村の実施状況によると、子ども医療費助成では、8月1日から伊那市と駒ヶ根市が入院が18歳末まで対象年齢が拡大されました。 このほか小諸市が10月1日か …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu