ニュース

31市町村が18歳年度末まで現物給付化の意向!(すすめる会調査)

投稿日:

福祉医療給付の改善をすすめる会は子ども・障がい者等の福祉医療給付制度の意向調査を行い、県内77市町村のうち65(84%)の市町村から回答が得られた。(8月14日)
子ども医療費の現物給付の導入範囲を県水準(中卒)より拡充し、18才年度末までとする自治体は31市町村でした。子ども以外の障がい者・ひとり親などへの拡充意向がある自治体は11市町村となっています。一方現物給付の範囲を現行通りか県水準に合わせるとした自治体が26市町村。制度拡充を検討中、あるいは未定は8市町村。受給者負担金については負担金廃止を予定する自治体は5町村。負担金を現行より値上げ(300円から500円)が2町村あった。
また現在検討中と答えた自治体のなかには、近隣町村の様子を見ながら拡充を検討すると答えたところもあり今後の動向を注目したい。すすめる会では、県社保協や加盟団体と連携して秋の自治体キャラバンで自治体が制度の拡充に踏み出せるように懇談を行っていく予定。

すすめる会ニュース17-15号

-ニュース

関連記事

すすめる会 県民文化健康福祉委員会で意見陳述

窓口完全無料制度の実現を訴える! 開会中の県議会に「すすめる会」が提出した「子ども・障がい者等の医療費の窓口完全無料化を一刻も早い実現を求める」請願が3月9日午後県民文化健康福祉委員会で審査され、「す …

長野市が子ども医療費の対象を拡大の検討方針! 所得制限も検討か?

子ども医療費について、対象年齢の基準が一番低い長野市の動向についてです。 11/26日に長野地区社保協が長野市と医療、介護、福祉等について懇談を行った。 子どもの福祉医療給付制度については長野市だけが …

福祉医療改善をすすめる会が総会10/18

福祉医療の県「7月改定」は大きな後退、受給現場で様々な声 保育所前で「自動給付方式」でなく「窓口無料」をとの訴えに、多くのお母さん方が賛同しています。「今年7月の県『改定』に1病院300円、薬局でも3 …

県民シンポ開催に向け実行委員会を開催

9月県民シンポ開催をめざし第1回実行委員会(3/21)開かる 3月21日(木)「子ども、障がい児・者の受療権・教育権の保障求める県民シンポ」(仮題)開催をめざす第1回実行委員会が開かれ、9月開催予定の …

就学前子ども医療費無料化は2400億円で実現!

衆議院の予算委員会で子どもの医療費の無料化についての質疑がありましたので紹介します。 3月10日の衆議院予算委員会第一分科会で、梅村さえこ議員(共産党)が子どもの医療費無料化について一般質問を行ってい …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu