ニュース

小児医療費 助成拡大で入院減 慶応大准教授らが調査分析

投稿日:

9月5日付けの毎日新聞に

小児医療費の助成拡大で入院減
慶大など調査 低所得地域、効果確認
の見出しで記事が掲載されました。

記事によるとこの調査は、慶応大大学院経営管理研究科の後藤励准教授らが行ったもので自治体を「高所得地域」、「低所得地域」に分けて患者データを分析した結果、低所得地域では通院費の支給対象年齢を12歳から15歳に引き上げると、入院数は5%減ったなどとしています。

国は医療費助成制度拡大は医療費が高騰するとして国保の国庫負担金の減額措置を行っていますが、受診しやすい環境を整えることで重症化を防ぐといった私たちのこれまでの主張の裏付けとして注目しています。

 

-ニュース

関連記事

岩手県が子ども医療費の現物給付化に向けて始動

12月県議会で子どもの医療費助成制度の現物給付化を求める請願を採択した岩手県ですが、現物給付への移行に向けた準備を開始しました。 岩手県では12月の県議会で子どもの医療費助成制度の現物給付化を求める請 …

すすめる会ニュース14-14号を発行 賛同募金は目標達成

すすめる会ニュース14-14号を発行しました。 おかげさまで新聞意見広告賛同募金は目標の200万円は超過しました。この間のご協力に感謝します。 6月県議会論戦での県知事答弁には、がっかりしました。以下 …

山田諏訪市長「現状とかけ離れないように」と応える

福祉医療の改善をすすめる会が諏訪市長に直接「障害者医療費窓口無料化の継続」を要望した。 山田市長「現状とかけ離れないように」と応える 諏訪市へ福祉医療の改善をすすめる会が要望  大雪の諏訪市に障害者本 …

コープながの労働組合の署名の取り組み

昨年10月、すすめる会湯浅事務局長が県労連幹事会 に参加し、県知事署名の推進についてお願いしました。 それ以降、県労連傘下の労働組合での取り組みがすすん でいます。今回いち早く、まとまった取り組みを展 …

3月末の署名の集約到達は、40,596 筆

昨年 10 月から活動を開始しました「子ども・障がい者の医療費窓口無料化」を求める県知事への要望署名活動。 加盟団体の奮闘を土台に、県下の多くの保育園等を中心に賛同・期待反響もありかつてない広がりを作 …

31,962筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu