ニュース

小児医療費 助成拡大で入院減 慶応大准教授らが調査分析

投稿日:

9月5日付けの毎日新聞に

小児医療費の助成拡大で入院減
慶大など調査 低所得地域、効果確認
の見出しで記事が掲載されました。

記事によるとこの調査は、慶応大大学院経営管理研究科の後藤励准教授らが行ったもので自治体を「高所得地域」、「低所得地域」に分けて患者データを分析した結果、低所得地域では通院費の支給対象年齢を12歳から15歳に引き上げると、入院数は5%減ったなどとしています。

国は医療費助成制度拡大は医療費が高騰するとして国保の国庫負担金の減額措置を行っていますが、受診しやすい環境を整えることで重症化を防ぐといった私たちのこれまでの主張の裏付けとして注目しています。

 

-ニュース

関連記事

医療費の窓口負担無料化は子どもの貧困対策を考える上でも重要な視点

政府では本年1月に施行された子どもの貧困対策推進法に基づく施策の総合的推進のため「大綱」づくりが進められています。整理案では、子ども医療費窓口無料化も検討すべきと提言。注目を! 厚生労働省が発表した「 …

no image

福祉医療給付制度の改善を進める会再開総会開く

福祉医療の窓口無料化を求めている「進める会」は、5月23日に6年ぶりに再開総会を長野市の障害者福祉センターで開催しました。 10月から福祉医療の負担金が500円(1レセプト当たり)に引き上げられること …

子どもの医療制度の在り方等に関する検討会 議論の取りまとめ(案)

第5回子どもの医療制度の在り方等に関する検討会が開催され、議論の取りまとめ(案) が資料として提示された。 最近報道された子どもの医療に関する国保の減額調整措置の一部廃止については明確な言及はされてい …

県議会で「乳幼児医療費を無料とする制度の創設を求める意見書」が採択

県議会で7月6日「乳幼児医療費を無料とする制度の創設を求める意見書」が採択、12月県議会に続いて再度国に挙げられた。無料化自体は全国ネットワークの発足に見られるように、国での制度化を求める要求として高 …

24,290名の声は実質上無視 窓口無料の請願は審議未了・廃案へ

すすめる会ニュース15-4号を発行しました。県議会に提出した請願について、すすめる会では委員会で意見陳述を行いましたが、委員会は審議未了の決定をしたため廃案となります。請願した24,290名の声は、賛 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu