ニュース

小児医療費 助成拡大で入院減 慶応大准教授らが調査分析

投稿日:

9月5日付けの毎日新聞に

小児医療費の助成拡大で入院減
慶大など調査 低所得地域、効果確認
の見出しで記事が掲載されました。

記事によるとこの調査は、慶応大大学院経営管理研究科の後藤励准教授らが行ったもので自治体を「高所得地域」、「低所得地域」に分けて患者データを分析した結果、低所得地域では通院費の支給対象年齢を12歳から15歳に引き上げると、入院数は5%減ったなどとしています。

国は医療費助成制度拡大は医療費が高騰するとして国保の国庫負担金の減額措置を行っていますが、受診しやすい環境を整えることで重症化を防ぐといった私たちのこれまでの主張の裏付けとして注目しています。

 

-ニュース

関連記事

未就学児については現物給付化の方向で一致(第一回検討会)

本日、1月27日に第1回長野県福祉医療費給付事業検討会が開催された。 国が未就学児に限り国保の減額調整措置廃止の方針を打ち出したことにより、昨年末に健康福祉部長の議会答弁や阿部知事の記者会見で検討の意 …

県知事への要請署名にご協力ください!

本会では、子ども・障がい者等の医療費窓口完全無料化の一刻も早い実現を求めて県知事への要請署名を開始しました。また、要請署名に対する団体・個人の賛同、協力要請を行っています。 【県知事への請願事項】 子 …

事務局に窓口無料を願う切実な声が寄せられています

事務局に医療機関の待合室で署名し、その内容に感動したと一人の女性から電話がありましたので紹介します。 「私は4人子どもがいますが、お金がなくなかなか受診できなくて切ない思いをしています。 先日も4人と …

子ども医療費助成の全国状況(2015年4月)

厚労省は6月3日付けで2015年4月1日現在の子ども医療費助成の全国状況を公表しました。この調査結果と社会保険出版社発行の「全国市町村医療費助成制度一覧」を参考に2015年4月段階の都道府県と市町村の …

健康福祉委員会で番場医師が意見陳述 残念ながら団体請願は継続審査に

6月県議会 団体請願を「継続審査」に!? 賛同団体393団体で請願(のち+5団体) 県議会健康福祉委員会で番場小児科医師(長野中央病院)意見陳述 すすめる会加盟の各団体が協力し合って、「医療費の窓口無 …

31,962筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu