ニュース

小児医療費 助成拡大で入院減 慶応大准教授らが調査分析

投稿日:

9月5日付けの毎日新聞に

小児医療費の助成拡大で入院減
慶大など調査 低所得地域、効果確認
の見出しで記事が掲載されました。

記事によるとこの調査は、慶応大大学院経営管理研究科の後藤励准教授らが行ったもので自治体を「高所得地域」、「低所得地域」に分けて患者データを分析した結果、低所得地域では通院費の支給対象年齢を12歳から15歳に引き上げると、入院数は5%減ったなどとしています。

国は医療費助成制度拡大は医療費が高騰するとして国保の国庫負担金の減額措置を行っていますが、受診しやすい環境を整えることで重症化を防ぐといった私たちのこれまでの主張の裏付けとして注目しています。

 

-ニュース

関連記事

県下77市町村へ意向調査を開始!

福祉医療給付の改善をすすめる会は、県下77市町村に対して子ども、障がい者等の福祉医療給付制度の充実を求める要望書を提出、あわせて制度拡充についての意向調査を依頼しました。要望書では、(1)子ども医療費 …

すすめる会ニュース15-3号を発行

すすめる会ニュース15-3号では、本日の県議会請願を中心にお届けしています。 すすめる会ニュース15-3号

健康福祉政策課との懇談会

福祉医療給付制度の改善をすすめる会は先の9月6日(木)に県の健康福祉政策課との懇談会を持ちましたのでその報告を致します。 参加者は「すすめる会」より十四名、長野県の健康福祉政策課より清水課長を含め三名 …

署名運動が切実な当事者「声」を顕在化

福祉医療給付制度の改善をすすめる会ニュース14-6号を発行しました。 署名運動も終盤を迎え、加盟団体、関係者団体の取り組みも熱を帯びてきました。 事務局には子どもを持つ母親から切実な「声」が届けられて …

阿部県知事への要望署名提出と要請・懇談

福祉医療給付制度の改善を進める会と長野県平和・人権・環境労働組合会議では、3月29日に長野県内の子どもと障害者の医療費の福祉医療給付制度の窓口無料化を求め、阿部県知事と懇談を行った。 福祉医療給付制度 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu