ニュース

小児医療費 助成拡大で入院減 慶応大准教授らが調査分析

投稿日:

9月5日付けの毎日新聞に

小児医療費の助成拡大で入院減
慶大など調査 低所得地域、効果確認
の見出しで記事が掲載されました。

記事によるとこの調査は、慶応大大学院経営管理研究科の後藤励准教授らが行ったもので自治体を「高所得地域」、「低所得地域」に分けて患者データを分析した結果、低所得地域では通院費の支給対象年齢を12歳から15歳に引き上げると、入院数は5%減ったなどとしています。

国は医療費助成制度拡大は医療費が高騰するとして国保の国庫負担金の減額措置を行っていますが、受診しやすい環境を整えることで重症化を防ぐといった私たちのこれまでの主張の裏付けとして注目しています。

 

-ニュース

関連記事

6月県議会への請願署名提出について 記者会見案内

私たちは6月県議会にて議長宛に団体請願を行う予定です。つきましては、その内容について記者会見を行います。 私たちは、子どもをかかえる若い世帯、母子世帯、障がい者やその家族などが、経済的な心配をしないで …

ホームページをリニューアルしました

窓口無料を求める長野県民署名の推進のためにホームページをリニューアルしました。

坂城町が来年度から福祉医療費の医療費事前貸付を開始

3月2日付けの信濃毎日新聞の報道によると、坂城町では子ども・障がい者の福祉医療費給付事業に関して、希望者の口座に無利子、無担保で9000円を振込み医療費の窓口負担にあてる制度を開始することを発表した。 …

県下77市町村へ意向調査を開始!

福祉医療給付の改善をすすめる会は、県下77市町村に対して子ども、障がい者等の福祉医療給付制度の充実を求める要望書を提出、あわせて制度拡充についての意向調査を依頼しました。要望書では、(1)子ども医療費 …

医療費助成の補助金減額 対象年齢を限定して一部廃止(厚労省方針)

3月17日付の信濃毎日新聞ほか朝刊各紙で厚生労働省が子ども医療費助成への国保補助金の減額措置について対象年齢を限定して一部廃止方針を固めたとの報道がされています。 これらは共同通信配信記事で、厚生労働 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu