ニュース

原村福祉医療の完全無料化を継続

投稿日:

12月13日の信濃毎日新聞によると、全県に先駆けて医療費の完全無料化を続ける諏訪郡原村が、一旦は受給者負担金を徴収するとして議会に提案していた条例改正案を議会最終日に撤回、議会でも全会一致で完全無料を継続することが決まりました。
村が全県に先駆け続けている福祉医療費無料化を、議会、住民の運動で守った結果です。

-ニュース

関連記事

県議会委員会で小児医療の特徴と窓口無料化の必要性訴える

県議会委員会ですすめる会の役員も務める番場誉医師(小児科)が意見陳述を行った。発言を以下に紹介。 まずはじめに、日頃の子どもの健康医療分野における皆様のご尽力に心から感謝申し上げたい。数年前に導入され …

no image

2011年度総会で坂本会長を選出

福祉医療給付制度の改善を進める会の2011年度総会が5月14日に長野市障害者福祉センターで開催された。 平川事務局長から昨年度の活動として村井前知事へ「窓口無料化を求める署名」を17,543筆提出し健 …

現物給付化に関して「速やかに検討を行いたい」と健康福祉部長が答弁

11月29日の長野県議会本会議の一般質問で石和議員(信州・新風・みらい)が「子どもの医療費の現物給付化への課題と方針について」、子ども医療費の現物給付化に伴う国庫負担金等の減額調整措置について国の見直 …

no image

福祉医療給付制度の改善を進める会再開総会開く

福祉医療の窓口無料化を求めている「進める会」は、5月23日に6年ぶりに再開総会を長野市の障害者福祉センターで開催しました。 10月から福祉医療の負担金が500円(1レセプト当たり)に引き上げられること …

岩手県が子ども医療費の現物給付化に向けて始動

12月県議会で子どもの医療費助成制度の現物給付化を求める請願を採択した岩手県ですが、現物給付への移行に向けた準備を開始しました。 岩手県では12月の県議会で子どもの医療費助成制度の現物給付化を求める請 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu