ニュース

原村福祉医療の完全無料化を継続

投稿日:

12月13日の信濃毎日新聞によると、全県に先駆けて医療費の完全無料化を続ける諏訪郡原村が、一旦は受給者負担金を徴収するとして議会に提案していた条例改正案を議会最終日に撤回、議会でも全会一致で完全無料を継続することが決まりました。
村が全県に先駆け続けている福祉医療費無料化を、議会、住民の運動で守った結果です。

-ニュース

関連記事

子ども医療費助成の全国状況(2015年4月)

厚労省は6月3日付けで2015年4月1日現在の子ども医療費助成の全国状況を公表しました。この調査結果と社会保険出版社発行の「全国市町村医療費助成制度一覧」を参考に2015年4月段階の都道府県と市町村の …

飯田市・健和会病院健康まつりで署名行動

子ども・障がい者の医療費窓口無料化を求める県知事への要望署名が各団体に下され、署名行動が開始されました。9月15日開催された飯田市の健和会病院の健康まつりで署名コーナーが設置され、20人の方の協力があ …

石川県知事が子ども医療費の現物給付化の検討を表明

谷本正憲石川知事は、子どもの医療費について、医療機関の窓口で実際に支払う額を月1千円までとする現物給付方式の導入について前向きに検討すると表明しました。 石川県議会で谷本知事が、子ども医療費について、 …

4.19県内一斉署名宣伝行動、長野市は13時から駅前で

子ども・障がい者の医療費窓口無料化を求める宣伝・署名行動を強化するため 4月19日を中心に全県一斉の宣伝署名行動を呼びかけてします。 長野市での行動は以下の通りです。 4.19県内一斉署名宣伝行動(長 …

8月から7町村が完全窓口無料に! 18歳まで対象とする自治体は7割に

本年8月から、これまで償還払い制度だった長野県の福祉医療について医療機関等の窓口で定額の負担金だけで医療サービスを受けられる「現物給付方式」が導入されます。 県の基準では現物給付方式の対象は中学卒まで …

31,962筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu