ニュース

原村福祉医療の完全無料化を継続

投稿日:

12月13日の信濃毎日新聞によると、全県に先駆けて医療費の完全無料化を続ける諏訪郡原村が、一旦は受給者負担金を徴収するとして議会に提案していた条例改正案を議会最終日に撤回、議会でも全会一致で完全無料を継続することが決まりました。
村が全県に先駆け続けている福祉医療費無料化を、議会、住民の運動で守った結果です。

-ニュース

関連記事

窓口無料へのペナルティ問題 一億層活躍プラン(案)では結論先送り

市町村が窓口無料化を決断する際、大きな障害になっているのは、国による国保国庫補助金減額措置、いわゆる「ペナルティー」問題です。厚労省によるこの不当な減額措置に対して全国知事会、全国市町村会からの強い要 …

福祉医療の負担金増やめてと 19,081筆

県の福祉医療給付事業の受給者負担金の10月からの300円から500円へ引き上げについて患者や婦人団体とともに県保険医協会も参加している福祉医療制度の改善を進める会は9月25日に県庁で桑島衛生部長に知事 …

no image

福祉医療給付制度の改善を進める会再開総会開く

福祉医療の窓口無料化を求めている「進める会」は、5月23日に6年ぶりに再開総会を長野市の障害者福祉センターで開催しました。 10月から福祉医療の負担金が500円(1レセプト当たり)に引き上げられること …

2014年度総会は5月17日に長野市で開催

2014年度総会を5月17日に長野市で開催します。 福祉医療給付制度の改善をすすめる会 2014年度総会のご案内昨年の総会以降、さまざまな活動を展開してきました。昨年10月のシンポジウムの成功、秋から …

県保険医協会 受給者負担の引き上げで国保・医療福祉室と懇談

県が来年度予算案として、2月9日に発表した予算案で福祉医療費給付事業において受給者負担金を300円から500円に引き上げる方針を打ち出した。県保険医協会は2月10日に国保・医療福祉室に撤回を求め要請・ …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu