ニュース

中卒まで現物給付化でも予算は縮小か(県予算要求)

投稿日:

長野県では平成 30 年8月から中学校卒業までの子ども医療費の給付方式を現物給付方式に変更する。これに伴い、小学生以上の国民健康保険のペナルティ額の2分の1について県が新たに補助をすること、付加給付の停止額分の市町村の負担増分についても県が2分の1負担をするといった方向性を示し、当時の新聞報道によると新たに生じる負担は約2億7000万円とされていた。

県では平成30年度当初予算の要求概要を公表したが、健康福祉部の予算要求をみると福祉医療費給付事業では平成29年度当初予算額43億6,519万5 円に対して、平成30年度の要求額は43億4,498万3千円とむしろ縮小している。

県の資料をみると、福祉医療費給付事業補助金は
4,489,239,000円(平成28年度当初)
4,365,195,000円(平成29年度当初)
4,320,775,000円(平成30年度要求)
ここに、新たに国民健康保険特別会計繰出金として、中学校卒業までの子どもの医療費の現物給付化により生じる国民健康保険国庫負担金等の減額調整額相当額を国民健康保険特別会計に繰出するとして、24,208,000円を計上している。

 

-ニュース

関連記事

阿部知事との懇談 (記録)

3月29日に福祉医療の窓口無料化について阿部知事との懇談した。 以下に懇談録を記載した。 福祉医療の窓口無料化について阿部知事との懇談日 時:2012年3月29日(木)午後2時30分?3時 場 所:県 …

子ども医療費助成制度の推移と患者の受診動向の分析(保団連)

全国保険医団体連合会は12月6日に「子ども医療費助成制度の推移と患者の受診動向の分析」を発表し、ホームページにも公表した。 http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyo …

全国市町村子ども医療費助成状況を調査(2014/4/30)

当該県内の市町村で窓口無料制度実施ゼロ県は8県 すすめる会では、厚生労働省発表の資料(2014 年4 月1日現在調査の乳幼児等医療費に対する援助の実施状況)と(株)社会保険出版社発行の「全国市町村医療 …

県議会委員会で小児医療の特徴と窓口無料化の必要性訴える

県議会委員会ですすめる会の役員も務める番場誉医師(小児科)が意見陳述を行った。発言を以下に紹介。 まずはじめに、日頃の子どもの健康医療分野における皆様のご尽力に心から感謝申し上げたい。数年前に導入され …

4・19宣伝署名行動に県下8カ所111名が参加

署名運動期間最終盤にふさわしい取り組みを展開しようと4月19日県下一斉宣伝署名行動が県下8カ所で実施されました。当日の参加者は、のべ28団体111名、集まった署名数は643筆になりました。 長野市 長 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu