ニュース

中卒まで現物給付化でも予算は縮小か(県予算要求)

投稿日:

長野県では平成 30 年8月から中学校卒業までの子ども医療費の給付方式を現物給付方式に変更する。これに伴い、小学生以上の国民健康保険のペナルティ額の2分の1について県が新たに補助をすること、付加給付の停止額分の市町村の負担増分についても県が2分の1負担をするといった方向性を示し、当時の新聞報道によると新たに生じる負担は約2億7000万円とされていた。

県では平成30年度当初予算の要求概要を公表したが、健康福祉部の予算要求をみると福祉医療費給付事業では平成29年度当初予算額43億6,519万5 円に対して、平成30年度の要求額は43億4,498万3千円とむしろ縮小している。

県の資料をみると、福祉医療費給付事業補助金は
4,489,239,000円(平成28年度当初)
4,365,195,000円(平成29年度当初)
4,320,775,000円(平成30年度要求)
ここに、新たに国民健康保険特別会計繰出金として、中学校卒業までの子どもの医療費の現物給付化により生じる国民健康保険国庫負担金等の減額調整額相当額を国民健康保険特別会計に繰出するとして、24,208,000円を計上している。

 

-ニュース

関連記事

県知事への要請署名にご協力ください!

本会では、子ども・障がい者等の医療費窓口完全無料化の一刻も早い実現を求めて県知事への要請署名を開始しました。また、要請署名に対する団体・個人の賛同、協力要請を行っています。 【県知事への請願事項】 子 …

4月宣伝行動(続報) 宣伝・署名に共感と声援!

県下各地で行われた宣伝と署名には、市民から共感と応援が寄せられました。 飯山市ではJAスーパー前で8人が行動「長野県でもやらなくちゃね」と快く署名40筆。飯田市では健和会病院・スーパー前で6名の参加で …

no image

大西県医師会長と懇談

2011/12/21 県医師会長と懇談

子ども医療費助成は未来への投資 群馬県知事にみる少子化対策

こども医療費を中学卒業まで完全無料化制度としている群馬県の大沢知事の姿勢について紹介します。 すすめる会ニュース14-14号でも紹介しましたが、藤岡県議会議員の福祉医療の窓口無料を求める一般質問に対し …

6月県議会への請願署名提出について 記者会見案内

私たちは6月県議会にて議長宛に団体請願を行う予定です。つきましては、その内容について記者会見を行います。 私たちは、子どもをかかえる若い世帯、母子世帯、障がい者やその家族などが、経済的な心配をしないで …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu