ニュース

中卒まで現物給付化でも予算は縮小か(県予算要求)

投稿日:

長野県では平成 30 年8月から中学校卒業までの子ども医療費の給付方式を現物給付方式に変更する。これに伴い、小学生以上の国民健康保険のペナルティ額の2分の1について県が新たに補助をすること、付加給付の停止額分の市町村の負担増分についても県が2分の1負担をするといった方向性を示し、当時の新聞報道によると新たに生じる負担は約2億7000万円とされていた。

県では平成30年度当初予算の要求概要を公表したが、健康福祉部の予算要求をみると福祉医療費給付事業では平成29年度当初予算額43億6,519万5 円に対して、平成30年度の要求額は43億4,498万3千円とむしろ縮小している。

県の資料をみると、福祉医療費給付事業補助金は
4,489,239,000円(平成28年度当初)
4,365,195,000円(平成29年度当初)
4,320,775,000円(平成30年度要求)
ここに、新たに国民健康保険特別会計繰出金として、中学校卒業までの子どもの医療費の現物給付化により生じる国民健康保険国庫負担金等の減額調整額相当額を国民健康保険特別会計に繰出するとして、24,208,000円を計上している。

 

-ニュース

関連記事

10.6 県民シンポジウム 基調講演録

10月6日に開催された貧困から子どもと障がい者を守る県民シンポジウムでの基調講演の内容の報告です。 貧困から子どもと障がい者を守る県民シンポジウムでは村上 晃氏(弁護士・生活底上げ実現長野県連絡会代表 …

no image

小児の救急電話相談事業#8000 全国で実施時間に大きな差

長野県保険医協会では、小児の救急電話相談事業#8000の都道府県実施状況をまとめた。 小児の救急電話相談事業(#8000)は、夜間や休日に急な子供の病気やけがで、病院の診療を受けたほうがよいのかなど迷 …

小海町黒澤町長「窓口無料は断固継続する」と表明

福祉医療の改善をすすめる会は黒澤小海町長と懇談し、県の打ち出した「自動給付方式」にせずに、窓口無料化を継続することを求めた。 小海町黒澤町長「窓口無料は断固継続する」と表明、 福祉医療の改善をすすめる …

県下77市町村へ意向調査を開始!

福祉医療給付の改善をすすめる会は、県下77市町村に対して子ども、障がい者等の福祉医療給付制度の充実を求める要望書を提出、あわせて制度拡充についての意向調査を依頼しました。要望書では、(1)子ども医療費 …

福祉医療の負担金増やめてと 19,081筆

県の福祉医療給付事業の受給者負担金の10月からの300円から500円へ引き上げについて患者や婦人団体とともに県保険医協会も参加している福祉医療制度の改善を進める会は9月25日に県庁で桑島衛生部長に知事 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu