ニュース

子ども医療費助成制度の推移と患者の受診動向の分析(保団連)

投稿日:

全国保険医団体連合会は12月6日に「子ども医療費助成制度の推移と患者の受診動向の分析」を発表し、ホームページにも公表した。

http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/171206_kdm_jusin.html

医療費助成制度を拡大するとコンビニ受診が増えるのではないかという声をよく聞くが、この分析では2006年から2016までの各年の6月の年齢階級別、時間外受診件数の集計した結果、医療費助成制度は拡大し、助成対象人口は増加しているにも関わらず、いずれの年齢階級でも時間外受診件数はむしろ減少傾向にある。従って、医療費助成制度を拡大しても、安易な受診や医療費膨張にはつながらないことが統計的に証明されたとしている。

-ニュース

関連記事

下諏訪町、箕輪町議会で窓口無料化を求める意見書採択

すすめる会のニュース14-13号を発行しました。 新日本婦人の会を中心に6月開会の県議会、市町村議会に「子ども・障がい者の医療費窓口無料化」を求める陳情・請願がされ、昨日現在までに採択確認した議会は、 …

8月から7町村が完全窓口無料に! 18歳まで対象とする自治体は7割に

本年8月から、これまで償還払い制度だった長野県の福祉医療について医療機関等の窓口で定額の負担金だけで医療サービスを受けられる「現物給付方式」が導入されます。 県の基準では現物給付方式の対象は中学卒まで …

窓口無料の県議会請願への賛同者・賛同団体

県議会請願署名への賛同者・賛同団体をホームページ上に掲載しました 子ども・障がい者の医療費を窓口無料に! の県議会請願署名への賛同者・賛同団体をホームページ上に掲載しました。 すすめる会では今回長野県 …

no image

大西県医師会長と懇談

2011/12/21 県医師会長と懇談

未就学児については現物給付化の方向で一致(第一回検討会)

本日、1月27日に第1回長野県福祉医療費給付事業検討会が開催された。 国が未就学児に限り国保の減額調整措置廃止の方針を打ち出したことにより、昨年末に健康福祉部長の議会答弁や阿部知事の記者会見で検討の意 …

31,962筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu