ニュース

子ども医療費助成制度の推移と患者の受診動向の分析(保団連)

投稿日:

全国保険医団体連合会は12月6日に「子ども医療費助成制度の推移と患者の受診動向の分析」を発表し、ホームページにも公表した。

http://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/171206_kdm_jusin.html

医療費助成制度を拡大するとコンビニ受診が増えるのではないかという声をよく聞くが、この分析では2006年から2016までの各年の6月の年齢階級別、時間外受診件数の集計した結果、医療費助成制度は拡大し、助成対象人口は増加しているにも関わらず、いずれの年齢階級でも時間外受診件数はむしろ減少傾向にある。従って、医療費助成制度を拡大しても、安易な受診や医療費膨張にはつながらないことが統計的に証明されたとしている。

-ニュース

関連記事

田中知事が窓口無料化を表明

2月15日の長野県議会の一般質問で「福祉医療の窓口無料化」が取り上げられ、田中知事が「入院医療費での無料化など確実な一歩を進めていく。医療費の膨張を招かぬよう入院時食事代を徴収する方法で関係方面と検討 …

3万1962筆の県知事要請署名を提出し、健康福祉部長と懇談

福祉医療給付の改善をすすめる会は6月6日、県健康福祉部長に対して県知事要請署名を手渡し、25分間懇談しました。 すすめる会からは原副会長(県推協)、高橋副会長(新婦人)、事務局長の原さん(県社保協)、 …

すすめる会総会(5/18)開催し、32名参加

2014年8月県知事選挙!? 2013年度、窓口無料化めざし、大きな県民運動を巻き起こそう 5月18日(土)午後、進める会は2013年総会(32名参加)を開催しました。総会では、冒頭1月に急死された坂 …

松本で福祉医療住民シンポ110人が参加

10月25日に開かれた松本での「福祉医療制度を考える住民シンポジウム」の報告です。 福祉医療は不可欠なもの、国のペナルティーで無料化廃止は空しい思い 人生を全うするには衣食住と言われますが、私たちにと …

各団体の取り組みで前回署名数を突破!

署名運動も終盤を迎え、各団体もラストスパートをかけています。4/15 付けの集約数は、46,464 筆となり、2012年3月に阿部県知事に提出した署名数43,491筆(すすめる会・社保協集約数25,5 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu