ニュース

8月から7町村が完全窓口無料に! 18歳まで対象とする自治体は7割に

投稿日:2018年1月12日

本年8月から、これまで償還払い制度だった長野県の福祉医療について医療機関等の窓口で定額の負担金だけで医療サービスを受けられる「現物給付方式」が導入されます。
県の基準では現物給付方式の対象は中学卒までとしていますが、各市町村の福祉医療の対象年齢はこども医療の場合に高卒(18歳到達後の3/31)までが多いため、各市町村がどこまで現物給付の範囲と定めるかが注目されていました。

7割の市町村が18歳まで現物給付を予定

12月末に長野県は各市町村に現物給付方式導入状況の調査を行った結果を公表しています。
入院、通院ともに18歳までを対象とした市町村が54、入院18歳まで・通院15歳までとしてのが2市、15歳までとしたところが21市町村で全市町村の7割が18歳までを現物給付とすることになりました。

完全窓口無料も7町村

また、受給者負担として窓口で負担する金額は、県ではレセプト単位で500円を継続する予定ですが、この自己負担金をゼロ=窓口無料化とするのは長和町、原村、飯島町、中川村、宮田村、天龍村、栄村の7町村あります。一方で従来300円としていた受給者負担金を500円としたのが軽井沢町と富士見町の2町ありました。

子ども医療費の対象年齢を拡大したのが御代田町、富士見町、高森町の3町でともに中卒までだった対象を18歳まで引き上げる予定です。

なお、飯山市は福祉医療の対象は入院は18歳までですが現物給付の対象は県基準の中学卒まで、朝日村、山形村及び下條村も福祉医療の対象は入院・通院ともに18歳までですが現物給付の対象は中学卒までとしています。

現物給付方式導入状況(平成30年8月)

-ニュース

関連記事

長野県福祉医療Q&A 2015年改訂版を作成

長野県の福祉医療Q&Aの2015年改訂版を作成 長野県の福祉医療制度は窓口無料(現物給付方式)となっていないため、たとえ後から戻ってくるとしても子育て世代や障がい者にとって毎月の負担は大変です …

小海町黒澤町長「窓口無料は断固継続する」と表明

福祉医療の改善をすすめる会は黒澤小海町長と懇談し、県の打ち出した「自動給付方式」にせずに、窓口無料化を継続することを求めた。 小海町黒澤町長「窓口無料は断固継続する」と表明、 福祉医療の改善をすすめる …

宣伝用ポスターが完成

福祉医療費窓口無料の署名推進のためのポスターが完成しました。 署名推進用のポスターが完成しました。 職場などに貼って、署名への関心を高めましょう! 10/47とは何の数字でしょうか・・・   …

4.19県内一斉署名宣伝行動、長野市は13時から駅前で

子ども・障がい者の医療費窓口無料化を求める宣伝・署名行動を強化するため 4月19日を中心に全県一斉の宣伝署名行動を呼びかけてします。 長野市での行動は以下の通りです。 4.19県内一斉署名宣伝行動(長 …

31,962筆署名と当事者の声を県に届ける!

6月6日、長野県庁にて福祉医療給付の改善をすすめる会は県の健康福祉部に対して窓口完全無料化を求める署名を提出しました。 署名の総数は31,962筆にのぼり、ハガキ署名に寄せられた400人余りの声をまと …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu