ニュース

県に1669人分の追加分署名を提出、懇談

投稿日:2018年1月20日

福祉医療給付の改善をすすめる会は、16日、8月からの実施を前に、「一刻も早く窓口完全無料化を」求める県知事への要請署名追加分1669人分を提出(総計33631筆)し、山本英紀健康福祉部長らと懇談しました。
長野県の医療費助成の対象は、通院は「就学前」のままであるため、県として通院も中学卒業まで予算化し拡充することを要望しましたが、県からは「制度の拡充には多額の費用がかかり、現時点で通院に対する県の助成対象年齢を拡充する意向はない」と回答がありました。これに関して「多額の費用とはどのくらいを試算しているか」の質問には「試算はしていない」との答えでした。すすめる会では、通院年齢の拡大には長野県市長会が「外来も中学卒業まで拡大することを要望」しており、こうした自治体の要望に県として真摯に向き合ってほしいと要望しました。

すすめる会ニュース 17-16 号

 

-ニュース

関連記事

松本で福祉医療住民シンポ110人が参加

10月25日に開かれた松本での「福祉医療制度を考える住民シンポジウム」の報告です。 福祉医療は不可欠なもの、国のペナルティーで無料化廃止は空しい思い 人生を全うするには衣食住と言われますが、私たちにと …

医療費助成の補助金減額 対象年齢を限定して一部廃止(厚労省方針)

3月17日付の信濃毎日新聞ほか朝刊各紙で厚生労働省が子ども医療費助成への国保補助金の減額措置について対象年齢を限定して一部廃止方針を固めたとの報道がされています。 これらは共同通信配信記事で、厚生労働 …

県民シンポ開催に向け実行委員会を開催

9月県民シンポ開催をめざし第1回実行委員会(3/21)開かる 3月21日(木)「子ども、障がい児・者の受療権・教育権の保障求める県民シンポ」(仮題)開催をめざす第1回実行委員会が開かれ、9月開催予定の …

子ども医療費助成は未来への投資 群馬県知事にみる少子化対策

こども医療費を中学卒業まで完全無料化制度としている群馬県の大沢知事の姿勢について紹介します。 すすめる会ニュース14-14号でも紹介しましたが、藤岡県議会議員の福祉医療の窓口無料を求める一般質問に対し …

田中知事が窓口無料化を表明

2月15日の長野県議会の一般質問で「福祉医療の窓口無料化」が取り上げられ、田中知事が「入院医療費での無料化など確実な一歩を進めていく。医療費の膨張を招かぬよう入院時食事代を徴収する方法で関係方面と検討 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu