ニュース

定期総会を開催 運動成果を確信に、更なる制度の拡充をめざす 

投稿日:

5月27日(日)、福祉医療給付の改善をすすめる会の年次総会が開かれ加盟団体などから31名の方が参加しました。総会では、前半学習講演として、群馬県新婦人の会会長の野村喜代子氏から「群馬県での子どもの医療費完全無料化実現の運動と今」と題して講演があり、続いてすすめる会の会長で健和会病院副院長・小児科医の和田浩医師から「無料化反対論をどう考えるか」と題した講演を受け、後半、年次総会が開かれました。

2018年度の活動は、基本方針として①子ども医療費の無料化を国の制度として実施し、ペナルティ全廃を自治体を通じて国にはたらきかけること。②県当局に対し未就学児までになっている通院の助成を中学卒業まで拡大し完全無料化と障がい者への事業拡大をはかること、③市町村には引き続き県水準を上回る制度拡充を求めることが提案され、8月の県知事選挙では、候補者にこの方針にもとづいたアンケートを実施して政策を問う方針を確認しました。

学習講演の概要は下記のニュースをご参照ください。

すすめる会ニュース18-1号

 

-ニュース

関連記事

北部地域の三村議会 県知事宛の「窓口無料化要望」意見書採択

先日の県知事懇談の際、県知事が突然持ち出した高校卒業まで助成している町村(全県の46.7%の比重)の問題。これらの町村は県の助成水準(通院就学前、入院小学3 年)以上の部分は全額町村の独自財源で実施し …

中卒まで現物給付化でも予算は縮小か(県予算要求)

長野県では平成 30 年8月から中学校卒業までの子ども医療費の給付方式を現物給付方式に変更する。これに伴い、小学生以上の国民健康保険のペナルティ額の2分の1について県が新たに補助をすること、付加給付の …

信毎意見広告 賛同募金の協力を呼びかけます

信濃毎日新聞への意見広告の賛同募金の協力を呼びかけます 私たちが呼びかけました「子ども・障がい者の医療費窓口無料」を求める県知事への要望署名に県下の保育園・幼稚園関係の保護者を中心に大きな反響を呼んで …

信毎意見広告の掲載日決定! 賛同団体、個人をホームページに公表開始

窓口無料化を求める信毎意見広告の掲載日が決定しました。 信濃毎日新聞への意見広告の掲載日、掲載欄が決定しました。 掲載日  6月19日(木) 信濃毎日新聞朝刊 掲載面  第二社会面(30面)、半ページ …

県知事宛の要望書を提出

乳幼児・障害者などの長野県の医療費費助成制度である福祉医療給付制度の改善を求めて運動している「福祉医療給付制度の改善を進める会」(田中嘉典会長・県難病連会長)は7月20日、県庁で17,543筆の署名が …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu