ニュース

定期総会を開催 運動成果を確信に、更なる制度の拡充をめざす 

投稿日:

5月27日(日)、福祉医療給付の改善をすすめる会の年次総会が開かれ加盟団体などから31名の方が参加しました。総会では、前半学習講演として、群馬県新婦人の会会長の野村喜代子氏から「群馬県での子どもの医療費完全無料化実現の運動と今」と題して講演があり、続いてすすめる会の会長で健和会病院副院長・小児科医の和田浩医師から「無料化反対論をどう考えるか」と題した講演を受け、後半、年次総会が開かれました。

2018年度の活動は、基本方針として①子ども医療費の無料化を国の制度として実施し、ペナルティ全廃を自治体を通じて国にはたらきかけること。②県当局に対し未就学児までになっている通院の助成を中学卒業まで拡大し完全無料化と障がい者への事業拡大をはかること、③市町村には引き続き県水準を上回る制度拡充を求めることが提案され、8月の県知事選挙では、候補者にこの方針にもとづいたアンケートを実施して政策を問う方針を確認しました。

学習講演の概要は下記のニュースをご参照ください。

すすめる会ニュース18-1号

 

-ニュース

関連記事

年次総会で山梨県の無料化実現の経過を学習

なんとしても窓口無料を実現しよう!? 5/19 年次総会開催、35名参加 山梨県の窓口無料化実現(2008年)も10数年の運動があったから 年次総会議事に先立って、山梨民医連のSW望月さんを招いて「山 …

松本で福祉医療住民シンポ110人が参加

10月25日に開かれた松本での「福祉医療制度を考える住民シンポジウム」の報告です。 福祉医療は不可欠なもの、国のペナルティーで無料化廃止は空しい思い 人生を全うするには衣食住と言われますが、私たちにと …

子どもの医療制度の在り方等に関する検討会 議論の取りまとめ(案)

第5回子どもの医療制度の在り方等に関する検討会が開催され、議論の取りまとめ(案) が資料として提示された。 最近報道された子どもの医療に関する国保の減額調整措置の一部廃止については明確な言及はされてい …

31,962筆署名と当事者の声を県に届ける!

6月6日、長野県庁にて福祉医療給付の改善をすすめる会は県の健康福祉部に対して窓口完全無料化を求める署名を提出しました。 署名の総数は31,962筆にのぼり、ハガキ署名に寄せられた400人余りの声をまと …

信毎報道後も各地から賛同、署名協力の声

県民の願いは、一刻も早い完全無料化の実現 3月の信毎報道後、すすめる会には問い合わせとともに署名運動への賛同、署名用紙の追加注文が県下各地から届いています。4/10現在賛同団体82、各団体からの追加署 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu