ニュース

田中知事が窓口無料化を表明

投稿日:2000年12月15日

2月15日の長野県議会の一般質問で「福祉医療の窓口無料化」が取り上げられ、田中知事が「入院医療費での無料化など確実な一歩を進めていく。医療費の膨張を招かぬよう入院時食事代を徴収する方法で関係方面と検討していきたい。全国一律での実施を国へ働きかけていく。」と答弁した。
15日の午後の県議会は共産党の小林県会議員が質問に立った。小林県議は介護保険問題、教育問題に続いて福祉医療の窓口無料化問題を取り上げた。乳幼児など所得の無い者は保険制度に馴染まないもので国の責任が本来の姿と指摘した上で、窓口無料は県議会でも議決しており知事の決断を待つのみであり、長野市議会でも県への要望を採択した。知事選での公約でもあるとし知事に実行を求めたのに対する答弁だった。
小林県議は知事答弁に再度の確認質問を行い、田中知事は「小さくても確実な一歩から進めていく」と表明した。

-ニュース


comment

関連記事

原村福祉医療の完全無料化を継続

12月13日の信濃毎日新聞によると、全県に先駆けて医療費の完全無料化を続ける諏訪郡原村が、一旦は受給者負担金を徴収するとして議会に提案していた条例改正案を議会最終日に撤回、議会でも全会一致で完全無料を …

長野県福祉医療Q&A 2015年改訂版を作成

長野県の福祉医療Q&Aの2015年改訂版を作成 長野県の福祉医療制度は窓口無料(現物給付方式)となっていないため、たとえ後から戻ってくるとしても子育て世代や障がい者にとって毎月の負担は大変です …

子ども医療費 高卒まで助成の市町村が7割超

県の健康福祉政策課が4月1日現在の県内市町村の福祉医療費助成制度をまとめています。昨年4月と比較して対象が拡大したのは伊那市、駒ヶ根市、飯山市が入院については18歳到達後の3月31日までに拡大しました …

厚労省:窓口無料化へのペナルティを条件付きで見直し方針

本日付(7月14日)の信濃毎日新聞4面記事で厚労省は、子ども医療費窓口無料化を実施している自治体へ国保の補助金を削減するペナルティーを条件付きで見直す方針である、との報道。 それによると「厚労省は、今 …

232名の参加者が当事者の想いに共感!(県民シンポ)

貧困から子どもと障がい者を守る県民シンポジウム(10/6) 当事者、医療・教育関係者、議員、一般市民など232名の参加者が当事者の想いに共感! 10月6日(日)「貧困から子どもと障がい者を守る県民シン …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu