ニュース

通院と障害者も含めての窓口無料化 実現を活動の柱に、すすめる会の総会が開かれる

投稿日:

20010613soukai6月9日に「福祉医療給付制度の改善をすすめる会」(協会団体加盟)の2001年度総会が開かれた。先ず瀬志本会長(難病連会長)が挨拶、「乳幼児医療費の無料化を求める運動は、全県的に大きな前進が見られ心強く思っている。反面、県議会では政府との関係でパットしない。私たちはこの状況を運動で打開していかねばならない」と訴えた。議長に馬場氏を選出して議事に入った。参加団体18団体中13団体(委任3団体)から参加があった。
2000年度は、?県知事選挙で「窓口無料化」をすべての立候補社に公約させ、12月県会で田中知事に「無料化は確実な一歩を進めていく。全国一律での実施を国へ働きかけていく」と表明させる前進を勝ち取ったこと、?「福祉医療のQ&A」のテキスト作成と学習に取り組んだこと、?長野市で「タダにする会」を結成し、大分県から窓口無料化の経験を学ぶ会を持ったこと、?4万名の署名請願により、三度県議会で窓口無料化と国への意見書採択を得たこと、などのまとめと、福祉・医療をめぐる動きについて意見交換を行った。
また、「タダにする会」の活動を野々村会長が特別報告として行った。?組織参加でなくとも個人参加でも良いとし、個人の願いを組織がどう汲み上げるかを考えて、幼児を抱えるお母さん方の参加を重視していること、?市行政当局に窓口無料化試算を要請するなど、要求根拠を持つ努力をしていること、?請願署名だけでなく各種団体署名を先行させていること」などが強調された。
2001年度の活動方針は、?17市及び制度アップしている町村を中心にキャラバン行動を実施し、知事に対し「通院も含めての窓口無料化実施を求める意見書」提出を要請すること、?中学生まで福祉医療の対象にしている岐阜県笠松町など、運動先進地との交流・情報交換をすること、?5万名の署名目標を12月議会に向けて取り組むこと、?活動推進のために役員会議やブロック体制の強化を進めること、などを柱とした。各地の取り組みの情報交換をし、障害者の置かれている状況の悪化のもとで、乳幼児医療の前進を福祉医療に広げていくことなどが話し合った。

-ニュース
-


comment

関連記事

長野県福祉医療Q&A 2015年改訂版を作成

長野県の福祉医療Q&Aの2015年改訂版を作成 長野県の福祉医療制度は窓口無料(現物給付方式)となっていないため、たとえ後から戻ってくるとしても子育て世代や障がい者にとって毎月の負担は大変です …

窓口無料はみんなの願い 賛同依頼の返答 続々届く

1/24 現在で 43 団体・個人が賛同 署名協力者も 33 団体・個人に・・・ 一月中旬から、長野県下の団体等に署名の賛同・協力依頼文書を一斉に郵送しました。 1/24 現在で 43 団体・個人から …

no image

大西県医師会長と懇談

2011/12/21 県医師会長と懇談

窓口無料を公約に掲げた候補が当選(佐久市、中川村)

市町村では今、完全無料化に向けた動きが広がりつつあります。 4月16日投開票の佐久市長選で再選した柳田氏は18歳までの医療費窓口無料化を公約に掲げ、4月22日に中川村町選挙で初当選した宮下氏も一部負担 …

すすめる会~2/23 県議会に請願書提出

すすめる会では、2月23日午後県議会議長宛に「子ども・障がい者等の医療費窓口完全無料化の一刻も早い実現を求める請願書」を提出しました。 2月16日県会開会日にすべての会派に紹介議員の了承を求め会派回り …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu