ニュース

村井知事あてに子ども・障がい者等の医療費窓口無料化を求める署名を開始

投稿日:2010年4月12日

「福祉医療制度の改善をすすめる会」では、8月の知事選に向けて現行の自動給付方式ではなく、窓口で無料となる制度の確立をめざして患者署名を開始することとしました。

2010年  月  日
長野県知事 村井 仁 様
福祉医療給付制度の改善を進める会
会長 田中 嘉典
子ども・障がい者等の医療費窓口無料化を求める要請書
日頃、福祉の向上にご尽力いただき感謝申し上げます。
長野県では、昨年10月から福祉医療給付制度の受給者負担金が現行の1レセプトあたり300円から500円に引き上げられました。2009年度内は引き上げを行わないとした市町村は約半数の39でした。
私たちは、子どもをかかえる若い世帯、母子世帯、障がい者やその家族が経済的な心配をしないで、安心して医療を受けられる機会が保障されるように、自動給付方式ではなく窓口無料を求めてきました。
県や市町村では対象年齢の拡大がされてきており喜ばしいことですが、「制度の持続可能性」の名の下に、これとひきかえに受給者負担金を引き上げることは、受給者負担もなく窓口無料を実施している県も多くあるなかで、時代の要請に逆行することではないでしょうか。
長野県の福祉医療をいっそう充実させ、県民が安心して医療・福祉を受けられるよう下記の点につき署名を添えて要請いたします。
  • 子どもや障がい者等の福祉医療給付制度は、現行の自動給付方式をやめ、窓口無料にして下さい。

-ニュース
-


comment

関連記事

県議会請願は「継続審査」に決定!またも、「塩漬け」状態に

「すすめる会」が提出した「子ども・障がい者等の医療費の窓口完全無料化を一刻も早い実現を求める」請願が3月10日午後県民文化健康福祉委員会で審査され結果、「採択すべき」が2人(共産党の高村・藤岡)、「継 …

4月県議会議員選挙候補者に福祉医療アンケートを実施

すすめる会では4月長野県議選挙 の立候補予定者81名に福祉医療に関する政策アンケートを行いました。 窓口無料化賛同者広がる 4月長野県議選挙?立候補予定者への政策アンケート回答結果概要 すすめる会では …

飯田市が来年度より医療費助成の対象を高校生まで拡大

朝日新聞長野版9月30日によると、飯田市議会では9月29日本会議で飯田市福祉医療給付金条例をの改正案を可決、成立させた。この改正によって、今まで中学生までの医療費助成制度が、来年度から対象を高校生まで …

完全窓口無料化の県民運動を大きくしよう 当事者のつどいを開催

普段の生活だけでも大変なのに、医療費負担が追い打ち 3月26日、すすめる会主催の当事者のつどいが長野市内で開催され57名が参加した。 冒頭、和田浩会長は「子ども達の貧困の実態は深刻、受益者負担金のない …

石川県知事が子ども医療費の現物給付化の検討を表明

谷本正憲石川知事は、子どもの医療費について、医療機関の窓口で実際に支払う額を月1千円までとする現物給付方式の導入について前向きに検討すると表明しました。 石川県議会で谷本知事が、子ども医療費について、 …

33,631筆の署名を提出

20170223poster_mini

賛同団体・個人一覧

 賛同者・団体一覧
facebook
twitter
Main menu