市民公開講座 「いい歯と健康」 11/17に長野市で開催

保険でより良い歯科医療を長野連絡会の催し物案内

日 時 2013年11月17日(日)

場 所 長野市生涯学習センター3F(トイーゴ)

参加費 無料

市民公開講座

14:00~15:30
いい歯と健康
いつまでもおいしく食べるための備え、
そして食べられなくなったら、どうするか?
ogasawara.png講師
松本歯科大学
障害者歯科学講座
小笠原 正 先生
口から食べる」ことは、単に「栄養を補給する」ことだけではなく、楽しみのひとつです。唾液、歯、汚れが「美味しく食べる」ことに影響します。健康な人にとっては、問題視されにくいことですが、病気になった人においては、大事な事です。もちろん健康な人にとっても重要なことです。しかしながら、脳卒中や認知症などのため食べられなくなった時、身体機能の維持、生活機能の維持、免疫機能の維持、寿命、そしてQOL(生活の質、楽しみ)に影響します。食べる時にムセたり、食事時間が長くなる、食べる量が減る、熱が出るなどの所見は、嚥下障害の症状の一つです。「口から食べる」ことをできるだけ維持していきたいものです。嚥下障害の症状がみられた時にどこを受診し、どう対応されるかについてもご説明します。

歯科衛生士さんによる正しい歯の磨き方

15:30~17:00
子どもから高齢者まで、どなたでもご参加いただけます。むし歯や歯周病にならないために、毎日できる予防が「歯をみがくこと」です。歯科衛生士が正しい歯のみがき方を教えます。
歯ブラシプレゼントもあります。