どうなる日本 消費税・TPP・憲法 斉藤貴男氏講演会

講演会のご案内

saitotakao.jpg どうなる日本 消費税・TPP・憲法

  ~ 戦争のできる国へ  ― 安倍政権の正体 ―  ~
  講師:ジャーナリスト 斎藤 貴男
 2014年3月30日(日)
 午後12時~ 2時(開場11時30分)
 会場:松本市 ホテルモンターニュ松本
  
憲法改正、教育改革、TPPへの参加、原発輸出・・・。
アベノミクスの成果が喧伝される中で、
第2次安倍政権が進めようとしているのは
どのような国家体制づくりか。
国家による「内心」への介入や
貧困・格差問題、消費税増税の問題など
取材してきたジャーナリストによる渾身の安倍政権論。参加費 :無料
申し込み:保険医協会まで参加人数をお知らせください。
定員になり次第締切とさせていただきます。申込締切 3月28日(金)

問合先 :長野県保険医協会 電話026-226-0086

書籍販売あり・当日サイン会もあり講演会ちらし

講師プロフィール

斎藤 貴男氏 ジャーナリスト
1958 年東京生まれ。早稲田大学商学部卒、英バーミンガム大学大学院修了。
「日本工業新聞」記者、「プレジデント」編集者、「週刊文春」特派記者などを経て独立。
著書に
『機会不平等』文春文庫
『報道されない重大事』『「心」と「国策」の内幕』ちくま文庫
『安心のファシズム』『ルポ 改憲潮流』岩波新書
『強いられる死~自殺者三万人超の実相~』角川学芸出版
『経済学は人間を幸せにできるのか』平凡社
『消費税のカラクリ』講談社現代新書
『消費増税で日本崩壊』ベスト新書
『民意のつくられかた』岩波書店
『「東京電力」研究 排除の系譜』講談社
『私がケータイを持たない理由』祥伝社新書
『安倍改憲政権の正体』岩波ブックレット
『ポスト成長神話の日本経済「アベノミクス」を問う』 かもがわ出版 など