「窓口無料化を求める」署名活動にご協力を

「窓口無料化を求める」署名活動にご協力ください

長野県保険医協会が加盟する「福祉医療給付制度の改善をすすめる会」では、9月に「福祉医療制度Q&A 2013年度版」を作成し、10月から長野県知事宛に福祉医療の窓口無料化に向けた大規模な署名の取り組みを行うこととしました。
 長野県の福祉医療は窓口無料(現物給付方式)となっていないため、たとえ後から戻ってくるとしても子育て世代や障がい者にとって毎月の負担は大変です。
これまで阿部県知事と懇談を行ってきましたが、県議会答弁をみても窓口無料化には消極的な姿勢を示しています。県の健康福祉政策課の担当者の回答も「県財政が厳しい状況を理解して欲しい。」といった財源問題に終始しています。
しかし、お隣の群馬県や山梨県では財政が厳しい中でも窓口無料制度を実施しています。
来年8月には県知事選挙が実施されますが、医療や福祉に対する知事の姿勢が県の福祉医療施策を大きく左右するため、長年の要求である福祉医療の窓口無料化を実現する上で重要な機会となります。
ご協力いただいた署名は来年5月に県知事に提出いたしますが、第一次集約を12月末としています。
是非ご協力をお願いいたします。

署名の実施要領

内容:子ども・障がい者等の医療費窓口無料化を求める県知事宛の要請
締切:第一次集約日 2013年12月31日
実施方法:以下の通り
1、長野県保険医協会の会員
(1)10月に保険医新聞と一緒に、福祉医療制度Q&Aと署名用紙等を同封して送付しています。
(2)返信用封筒が同封されていますので、署名が集まり次第郵送願います。
(3)なお、署名の追加は同封の注文書をファックスいただくか、下記のPDFファイルをダウンロードしてください。
2、会員以外の県民の皆さま
(1)下記のPDFファイルをダウンロードし、署名後は長野県保険医協会まで郵送願います。
(2)10枚以上必要な場合は、電話又は電子メールでご連絡いただければ返信用封筒をつけて郵送いたします。
(連絡先)
長野県保険医協会
〒380-0928
長野市若里1-5-26 長野県保険医会館
電話026-226-0086、FAX 026-226-8698
20130910_shomei_1_s.jpg