松本で歯科出前講座

保険でより良い歯科医療を長野連絡会では、出前による歯科の健康講座を一般に呼びかけているが、去る7月27日県商工団体連合会の松本市での50名ほどの集まりに講座がセットされ、連絡会構成団体の県保険医協会・布山常任知事が講師を務めた。布山
氏は歯を健康に保たなければ様々な病気になりやすいことを写真を織り交ぜながら説明。歯を失うと認知症になりやすいこと、歯周病は高血圧や糖尿病などを引き起こす要因になりうることも説明した。