レセプト情報の営利目的流出問題で厚労省に徹底究明など求める理事会声明

長野県保険医協会では厚生労働省が推し進めるレセプトデータのオンライン化・電算化によって大量の個人情報漏洩や営利目的での流用が起こることに対して警鐘を鳴らしてきた。こうした危惧してきたことが一部で現実問題となっているため、8月18日、「問題の徹底究明と第3者提供の厳格なルール化を求める」旨の理事会声明を出し、厚生労働省に送るとともに報道機関にも発表した。

声明文


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ