2010年8月県知事選挙立候補予定者に緊急アンケート

村井現知事が5 月に引退を表明し、長野県知事選挙は7月22日告示、8月8日投票で現在3 名が立候補を表明している。立候補予定者はいずれも新人で、松本 猛(前安曇野ちひろ美術館館長)、阿部 守一(元副知事)、腰原 愛正(前副知事)の三氏である(立候補表明順)。
当会では、医療制度、介護保険、福祉医療等の5 項目についてアンケートを実施、その結果をまとめ、会員の判断材料として「保険医新聞」で知らせることとした。
アンケート結果は長野保険医新聞号外に掲載する旨を明記し、7月5日に松本氏、阿部氏に依頼、その後立候補を表明した腰原氏には14 日に郵送で依頼した。
アンケートにあたっては8 面の県内の情勢とその関連資料を添付し、各項目の選択肢に回答いただき「その他」の場合についてはご意見をいただくこととした。また、医療、福祉、介護に対する意見を200 字以内で求めた。2 面~7 面に質問項目を掲載した上で、その回答を一覧にした。
(2010年7月20日長野保険医新聞号外より)

候補者アンケート回答