一刻も早く福祉医療制度の完全無料化を(要請署名実施中)

一刻も早く福祉医療制度の完全無料化を

20170223poster_mini私たちは、子どもをかかえる若い世帯、ひとり親世帯、障がい者やその家族などが、経済的な心配をしないで、安心して医療を受けられる機会が保障されるように、福祉医療給付制度の改善を願って活動してきました。
県内の市町村では子どもの医療においては年々対象年齢の拡大がされてきています。しかし、窓口無料(現物給付)を実施している都道府県が多くある中で、長野県では現行の自動給付方式(自動償還払い)のシステムを導入しているため現物給付を実施している市町村はひとつもありません。
昨年末、阿部知事は記者会見で「子ども医療費の現物給付化について、市町村と協議する」旨発言し、1月には県の検討委員会も発足したところです。
こうした県の姿勢に変化がある中で、保険医協会が加盟する「福祉医療給付制度の改善をすすめる会」では、一刻も早く福祉医療制度の完全無料化が実現するように県知事への要請署名に取り組むこととしました。県民の皆様のご協力をよろしくお願いします

署名用紙

署名用紙 (ダウンロードしてご利用ください)

チラシ