衆議院厚生労働委員の下条、務台両議員と松本で懇談

県保険医協会は12月10日に松本市内で、下条衆議院議員(希望)及び務台衆議院議員(自民)と各議員事務所で懇談を行った。下条議員も務台議員も先の衆議選で当選し、現在ともに衆議院の厚生労働委員会に所属している。協会からは宮沢会長代行、市川副会長、林常任理事及び宮沢事務局長が参加した。
懇談内容は厚労省と財務省で改定率を巡り攻防が繰り広げられている診療報酬改定をはじめとし、患者負担増など医療制度改革や地域医療構想などについて率直な意見交換が行われた。
下条議員は、医療など命に問題についてはそろばん勘定はすべきではないといった信念を持っているとし、診療報酬は薬剤費などを抑えつつ医師の技術料部分は引き上げるべきだとした。務台議員も協会の考え方について一定の理解を示しながらも、限られた財源の中での財政調整をどうするかが課題だと強調した。
懇談の詳細については今後、長野保険医新聞で紹介する予定。