井出衆議院議員と上田市で懇談

県保険医協会は12月24日に井出 庸生衆議院議員(希望)と上田市内の議員事務所で懇談を行った。宮沢会長代行、林常任理事及び宮沢事務局長が参加した。
診療報酬改定率が決定した直後の懇談でもあり、今回の改定率について公表された本体改定率を実際は下回る改定であること、これまでのマイナス改定で医療機関の収益率は悪化しており、保険医協会では医師、歯科医師の基礎的技術料である初再診料の引き上げを求めていることなどを訴えた。その他患者負担増の問題、社会保障と消費税増税の問題、病床削減と在宅医療の現状など意見交換した。医療問題の他にも若年層の政治意識などについても話は及んだ。