北信越ブロック在宅医療で厚労省と懇談

北信越ブロック(長野、新潟、富山、石川、福井の5県)の保険医協会・医会は、12月13日、在宅医療点数に関して厚生労働省保険局医療課と懇談を行った。懇談は杉尾秀哉参議院議員の仲介で実施し、厚生労働省からは保険局医療課の佐々木主査ら2名、北信越ブロックからは長野協会の野口副会長ら各県の医師3名、事務局9名が参加した。在宅医療に関する厚労省との懇談は北信越ブロックとして継続的に行っているもので、今回は7月の北信越ブロック会議で決定した「在宅医療を推進するための重点要求」を提出するとともに、11月に行った在宅医療に関する北信越共同アンケート結果などを基に懇談した。懇談の詳細は長野保険医新聞で紹介する。


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ