医療・介護・福祉で県と懇談

県保険医協会は1月17日、県に「長野県の医療・介護・福祉政策に対する要望書」を提出し、担当者と懇談した。県からは健康福祉部、建設部から担当課長等9名が出席。協会からは、宮沢会長、林副会長、宮沢事務局長他事務局2名が懇談に臨んだ。
要望項目は、(1)医療提供体制等について(2)国民健康保険事業について(3)福祉医療費助成制度について(4)災害時の診療所等の医療確保(5)その他の5項目について。要望事項は事前に県に伝えてあり、林副会長による要旨説明の後、県からの回答を聞く形で進められ、それぞれの項目について意見交換を行った。
要請の詳細については長野新聞で報道する。

長野県への要望書


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ