医療・介護・福祉で県と懇談

県保険医協会は1月17日、県に「長野県の医療・介護・福祉政策に対する要望書」を提出し、担当者と懇談した。県からは健康福祉部、建設部から担当課長等9名が出席。協会からは、宮沢会長、林副会長、宮沢事務局長他事務局2名が懇談に臨んだ。
要望項目は、(1)医療提供体制等について(2)国民健康保険事業について(3)福祉医療費助成制度について(4)災害時の診療所等の医療確保(5)その他の5項目について。要望事項は事前に県に伝えてあり、林副会長による要旨説明の後、県からの回答を聞く形で進められ、それぞれの項目について意見交換を行った。
要請の詳細については長野新聞で報道する。

長野県への要望書