ストップ患者負担増署名を議員に提出

1月31日に保団連ではこれまで取り組んできたストップ患者負担増署名の提出集会を開催、長野協会からは林常任理事が参加した。また、県関連の国会議員へ同時に取り組んだクイズハガキに寄せられた患者さんの声などを紹介しながら医療問題で懇談するとともに、署名の紹介議員をお願いした。紹介議員は篠原衆議院議員(国民民主)、下条衆議院議員(国民民主)、杉尾参議院議員(立憲民主)に依頼、また山本衆議院議員(比例北陸信越)には集会会場で署名を提出した(写真)。


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ