憲法をいかし、社会保障充実を求め いのちまもる・憲法いかす10.23国民集会

20141023_001.jpg10月23日、日比谷野外音楽堂で保団連らが実行委員会に加わる「いのちまもる・憲法いかす10.23国民集会」が開催され、全国から3000人を超す医療従事者らが集まり、長野協会からは鈴木会長、河原田常任理事、林常任理事が参加した。
消費税引き上げで社会保障が良くなるどころか医療、介護が切り捨てられようとしている中で、大きな運動をひろげようと、伊藤氏(花の谷クリニック医師)、川島氏(日赤看護大学教授)、本田氏(済生会栗橋病院医師)ら3人の呼びかけ人が訴え、リレートークでは看護師、介護福祉士、ソーシャルワーカー、歯科医師が現場の状況を訴えた。集会では、○憲法をいかし、いのちと人権が大切にされる社会保障の充実、○いのちの差別は許さない!医療・介護の営利化反対! ~医療介護総合法の具体化阻止、国保の広域化反対、混合診療拡大反対~、○医療・介護からの国民締め出し反対!入院給食の負担増反対、○医師、看護師、介護職員等の大幅増員・処遇改善を国に対して求める集会アピールを採択し、「いのちまもる・憲法いかす」と書かれたタオルを厚生労働省に向けてかざしシュプレヒコールをあげた。
集会終了後は国会議事堂へ請願デモ行進した。
20141023_003.png