衆議院厚生労働委員会で医療・介護総合法案が強行採決

昨日の衆議院厚生労働委員会で、医療・介護総合法案が、全野党が反対する中で採択が強行され、自民、公明の与党の賛成多数で可決されました。
長野県保険医協会では鈴木会長の抗議声明を発表し、内閣総理大臣、厚生労働大臣並びに長野県選出国会議員にファックス送信しました。

抗議声明