同一建物居住者の診療報酬引き下げの緊急アンケート結果

2014年4月の診療報酬改定では、医科の在宅医療において「不適切事例への対応」として、「同一建物居住者」に係る訪問診療料や在宅時医学総合管理料等の大幅な引き下げが行われました。保険医協会では3月に在宅時医学総合管理料の施設基準を届けている県内医療機関を対象に緊急アンケート調査を行いました。調査結果をもとに3月、4月の2回に渡り長野県選出国会議員に要望を行っていますが、今回調査結果をホームページに公表します。

同一建物居住者の在宅医療診療報酬改定に係るアンケート調査結果について