診療報酬の実質マイナス改定に会長抗議談話を発表

12 月20 日、2014年度診療報酬改定で田村厚生労働大臣と麻生財務大臣が実質マイナスの改定率で合意したことに対して、長野県保険医協会では消費税増税と社会保障抑制の一体改革では地域医療が守れないとする会長の抗議談話を発表しました。