「特定秘密保護法案」の強行可決に抗議声明を発表

特定秘密保護法案が衆議院に引き続き、昨夜の参議院本会議でも強行採決により可決、成立しました。同法案は民主政治の根幹である基本的人権や国民主権といった憲法の基本原理を踏みにじるものであり抗議声明を発表しました。

「特定秘密保護法案」の強行可決に抗議する(声明)