長野県の医療・介護を考える 県民シンポジウムのご案内

現在、各都道府県・市町村では、先の国会で成立した「医療介護総合推進法」の内容にそって、その具体化の作業が進められています。
私たち長野県医療団体連絡会(長野県保険医協会、長野県民主医療機関連合会、長野県医療労働組合連合会、長野県難病患者会連絡協議会で構成)では、行政側の動きを注視しながら、地域の医療・介護のあり方について協議しています。
そこで、行政当局者、医療従事者、介護従事者、患者などそれぞれの立場の方から2025年をめざした長野県の医療と介護のあり方について忌憚のない意見を発表して頂きながら、多くの県民と共にそのあり方を深めていく機会としてシンポジウムを企画しました。どなたでも参加できます。多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

<県民シンポジウム開催概要>

日時 

2015年6月21日(日) 13:00~16:00(予定)

会場 

松本市・浅間温泉文化センター大会議室

free_admission(松本市浅間温泉2-6-1 ℡0263-46-2654)

1、基調講演

「長野県の医療・介護提供体制の将来像と課題」(仮題)

講 師 山本 英紀氏(長野県健康福祉部衛生技監・医師)

2、シンポジウム

コーディネーター

熊谷 嘉隆 氏   健和会飯田中央診療所所長(医師)

シンポジスト

  • 北澤 彰浩 氏  JA長野厚生連佐久総合病院診療部長(医師)
  • 野口  修 氏   元の気クリニック院長(医師)
  • 高橋 光子 氏  諏訪赤十字訪問看護ステーション管理者(看護師)
  • 塩原 孝子 氏 (主任ケアマネジャー)
  • 北沢 和雄 氏 (難病患者)

フロアー参加者からの質問、意見、情報交換ほか

案内チラシ

主催:長野県医療団体連絡会
<連絡・問合せ先>
〒381-0034 長野市高田中村276-8 県労連会館1F
長野県社会保障推進協議会事務局長 湯浅 健夫
TEL 026-223-1281  FAX 026-223-1291

会場案内