2012年2月1日中医協総会

本日の中医協総会に、1/27日及び30日に協議された個別改定項目について(その1)、(その2)について修正された資料(その3)が示されました。

その他、ご意見募集のまとめが掲載されています。

資料

○個別改定項目について(その3)

  1. 医科関連(1)
    (参考) 前回からの訂正
  2. 医科関連(2)
    (参考) 前回からの訂正
  3. 歯科関連
    (参考)前回からの訂正
  4. 調剤関連
    (参考)前回からの訂正

* 前回からの訂正は、1/27、30日の資料から訂正のあった部分について赤字で示されています。

パブリックコメントの報告

答申書の附帯意見案


前回資料から変更されたものの例

○複数科再診

「患者が医療機関の事情によらず、患者の意思により」の要件を追加

○地域医療貢献加算(名称変更予定)の3

下記(3)、(4)の要件が追加

① 地域の医療機関と輪番による連携を行い、当番日の標榜時間外の準
夜帯において、患者からの電話等による問い合わせに応じる。当番日の
深夜又は早朝は留守番電話等で対応しても差し支えない。
② 当番日は原則として自院で対応する。
③ 連携する医療機関数は、○未満とする。
④ 連携に関する情報は、院内に掲示するとともに患者へ説明する。

○栄養サポートチーム加算

(療養病棟の場合の算定要件)

ただし、療養病棟については、入院日から起算して6月以内に限り算
定可能とし、入院1月までは週1回、入院2月以降6月までは月1回に限
り算定可能とする。

○病棟薬剤業務実施加算 (週1回) (新設)

起算日を入院した日に限定

入院した日又は処方変更が行われた日から起算して4週を限度

○糖尿病透析予防指導管理料

[算定要件] ヘモグロビンA1c(HbA1c)が6.1%(JDS 値)以上、6.5%(国際標準値)
以上又は内服薬やインスリン製剤を使用している外来糖尿病患者であって、
糖尿病性腎症第2期以上の患者(透析療法を行っている者を除く)に対し、
透析予防診療チームが透析予防に係る指導管理を行った場合に算定する。