審査情報提供事例に医科4事例が追加(支払基金)

社会保険診療報酬支払基金の審査情報提供事例に2月29日付けで医科関連で4件追加がありました。
審査情報提供事例は基金のホームページの審査情報提供事例でご確認ください。
http://www.ssk.or.jp/shinsajoho/teikyojirei/

304 HBs抗原①(B型肝炎疑い)

(平成28年2月29日新規)
○ 取扱い
原則として、健診等の結果、血液検査の結果及び症状等から、「B型肝炎の
疑い」病名がある場合において、スクリーニングを目的として実施した、区分
番号「D013」肝炎ウイルス関連検査の「3」のHBs抗原の算定は認めら
れる。

○ 取扱いを定めた理由
区分番号「D013」肝炎ウイルス関連検査の「3」のHBs抗原について
は、健診等で肝機能障害や黄疸が指摘された場合や、血液検査の結果及び全
身倦怠感に引き続き食欲不振、悪心・嘔吐などの症状からB型肝炎が疑われ
る場合に実施されており、B型肝炎ウイルスの感染を見逃さないために高感
度又は高精度に測定することは臨床上有用である。
したがって、B型肝炎が疑われた時点で高感度又は高精度の区分番号「D
013」肝炎ウイルス関連検査の「3」のHBs抗原を実施することは必要と
認められる。

305 HBs抗原②(手術前及び観血的検査前)

(平成28年2月29日新規)
○ 取扱い
原則として、手術前及び観血的検査前において、スクリーニングを目的と
して実施した区分番号「D013」肝炎ウイルス関連検査の「3」のHBs抗
原の算定は認められる。

○ 取扱いを定めた理由
区分番号「D013」肝炎ウイルス関連検査の「3」のHBs抗原について
は、一般的に手術前及び観血的検査前において実施されており、B型肝炎ウ
イルスの感染を見逃さないために高感度又は高精度に測定することは臨床上
有用である。
したがって、手術前及び観血的検査前において高感度又は高精度の区分番
号「D013」肝炎ウイルス関連検査の「3」のHBs抗原を実施することは
必要と認められる。

306 HBs抗原③(B型肝炎の経過観察)

(平成28年2月29日新規)
○ 取扱い
原則として、「B型肝炎」の抗ウイルス療法、肝庇護療法及び免疫療法の治
療をしている経過観察において、区分番号「D013」肝炎ウイルス関連検査
の「3」のHBs抗原を測定し算定することは認められる。

○ 取扱いを定めた理由
区分番号「D013」肝炎ウイルス関連検査の「3」のHBs抗原について
は、B型肝炎(診断時以外)患者に対する抗ウイルス療法、肝庇護療法及び免
疫療法の治療効果を判定するうえで、肝細胞内のB型肝炎ウイルスの増殖の
病態を把握するためにHBs抗原定量値を経時的に測定することが最も有用
である。
したがって、B型肝炎(診断時以外)患者に対する抗ウイルス療法、肝庇護
療法及び免疫療法の治療効果を判定するうえで、区分番号「D013」肝炎ウ
イルス関連検査の「3」のHBs抗原を実施することは必要と認められる。

307 骨移植術②(人工関節置換術(膝関節))

(平成28年2月29日新規)
○ 取扱い
原則として、人工関節置換術(膝)において、脛骨骨切り面の強度を増すた
めに、海綿骨を骨切り面にimpactionした場合、骨移植術は認めら
れる。

○ 取扱いを定めた理由
人工関節置換術(膝)時に、生理的に必要な部分に骨欠損が生じた場合、力
学的に不利な状態である。
脛骨骨切り面の強度を増すためには、海綿骨を骨切り面にimpacti
onする操作が必要であり、骨移植術として認められる。
※impaction :突き固める(強固にする)