疑義解釈資料の送付について(その8) 厚労省

厚生労働省より11月17日付で疑義解釈資料その8が出され、医科15、歯科6の疑義解釈が示されています。

医科では、入院料における重症度、医療・看護必要度の評価、短期滞在手術等基本料、電話再診など、歯科では感染根管処置、暫間固定のレセプト記載などについてふれています。

疑義解釈資料の送付について(その8)


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ