疑義解釈資料の送付について(その8) 厚労省

厚生労働省より11月17日付で疑義解釈資料その8が出され、医科15、歯科6の疑義解釈が示されています。

医科では、入院料における重症度、医療・看護必要度の評価、短期滞在手術等基本料、電話再診など、歯科では感染根管処置、暫間固定のレセプト記載などについてふれています。

疑義解釈資料の送付について(その8)