支払基金における審査の一般的な取扱い(医科)を初公表

社会保険診療報酬支払基金は平成29年1月に支払基金に設置した「支払基金における審査の一般的な取扱いの公表に関する検討委員会」の検討結果として4月24日に「支払基金における審査の一般的な取扱い(医科)」を取りまとめとて公表した。
投薬では入院患者に対して傷病名又は症状詳記等の記載のない外皮用薬、眼科用薬の取扱い、処置では鼻処置と副鼻腔洗浄又は吸引の併算定の取扱いなど9事例が掲載された。
基金では今後も、当該委員会において検討を重ね、公表事例を逐次拡充する予定としている。

支払基金における審査の一般的な取り扱い(医科)のページは下記

http://www.ssk.or.jp/shinryohoshu/kikin_shinsa_atukai/shinsa_atukai_i/index.html