中央社会保険医療協議会 総会(第354回)

6月28日に開催された中央社会保険医療協議会 総会(第354回)の資料が厚生労働省のホームページに掲載されています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000169030.html

議題は下記の2点。
○医療機器及び臨床検査の保険適用について
○診療報酬改定結果検証部会からの報告について

診療報酬改定結果検証部会からの報告では、平成28年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(平成29年度調査)の調査票案について提案、了承された。

前回の改定では回復期リハビリテーション病棟におけるアウトカム評価が導入されるとともに、要介護被保険者に対する維持期リハビリテーションについては、介護保険によるリハビリテーションへの円滑な移行を促す観点から、目標設定支援等に係る評価が新設された。また、廃用症候群リハビリテーション料の新設等、多様な病態に応じたリハビリテーションについての評価が行われたが、これらの診療報酬改定の効果・影響等を検証することを目的とするもの。

調査票では(1)回復期リハビリ病棟におけるアウトカム評価の導入の影響、維持期リハビリの介護保険への移行状況などを含むリハビリテーションの実施状況(2)医薬品の適正使用のための残薬、重複・多剤投薬の実態、ならびにかかりつけ薬剤師・薬局の評価を含む調剤報酬改定の影響および実施状況(3)ニコチン依存症管理料による禁煙治療の効果など(4)公費負担医療に係るものを含む明細書の無料発行の実施状況(5)後発医薬品の使用促進策の影響および実施状況―の5項目の調査票案が提示された。